TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 大転子滑液包炎(ランニング障害)について

大転子滑液包炎(ランニング障害)について

2017.10.20 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

 

大転子滑液包炎・・・

 

 

聞きなれない言葉だと思います。

 

 

今回はその大転子滑液包炎につい簡単にお話させていただきます。

 

 

まず「大転子」とはどこでしょう・・・

 

 

大転子とは股関節の外側にある大腿骨(モモの骨)上方にある出っ張りの部分をいいます。

 

 

 

 

では滑液包とは・・・?

 

 

滑液包とは筋や腱と骨・軟骨・靭帯などの間にある袋状のもので、滑液という液体が入っており、主に筋や腱と骨・軟骨・靭帯などの間で起こる摩擦を軽減させるためにあります。

 

 

この滑液包は大転子部にも存在します。

 

 

では、なぜマラソンやサッカーなど走ることの多い競技の選手に大転子滑液包炎(ランニング障害)が起こるのでしょうか・・・

 

 

走ることにより股関節の屈曲・伸展が繰り返されます。(オーバーユース)

 

 

その屈曲伸展時にお尻周りにある筋肉(大腿筋膜張筋など)が大転子の出っ張りを擦ってしまうことにより起こる滑液包の炎症です。

 

 

症状としては

 

股関節を動かすと痛い。(歩くと痛いなど。)

股関節の動きにかかわらず痛みが出る。(寝るときに痛みが出る。)

股関節周囲の脹れ

股関節付近の発赤

股関節の熱っぽさ

圧痛のみではなく触れると痛む

 

 

 

などです。

 

 

もし痛みが出てしまったら決して無理をせず

 

 

①治療をする

 

➁ストレッチをする

 

➂RICE処置を行う

 

 

以上のことを頭に入れ、セルフメンテナンスも行いながら一日でも長くスポーツを楽しんで頂きたいものですね。。。

 

 

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日