TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 坐骨神経痛(ランニング障害)について

坐骨神経痛(ランニング障害)について

2017.10.21 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はランニング障害のうちの一つ

 

 

坐骨神経痛

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

坐骨神経痛という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれません。

 

 

坐骨神経とは腰から足へ向かう神経のことをいいます。

 

 

坐骨神経痛は、その神経の走行の途中で梨状筋というお尻にある筋肉が関係していて「梨状筋症候群」の症状と同じと考えられます。

 

 

梨状筋症候群とは・・・

 

 

まず、坐骨神経の走行は

 

 

腰→骨盤→下肢→足先

 

 

となります。

 

 

この走行中の骨盤部に梨状筋があり、骨盤から下肢に向かうところで梨状筋という筋肉や腱が緊張することによって圧迫をされ、臀部や下肢、足先に痛みや痺れが出現するものをいいます。

 

 

この梨状筋・・・

 

 

股関節(下肢)を外旋するときに働く筋肉です。

 

 

よって股関節(下肢)を内旋させると痛みが増強します。

 

 

内股になることにより硬くなっている梨状筋がのばさ圧迫を強めてしまう、筋肉が固くなりすぎてガニ股になっているというような姿勢では梨状筋にストレスがかかってしまいます。

 

 

理想は内股でもガニ股でもなく「中間」です。

 

 

このような考え方をするとランニングフォームを見直す必要もあるかもしれません。

 

 

どちらにしろ、股関節の内旋運動のストレッチ・外旋筋のトレーニングをしっかり行うことが大事です。

 

 

また下肢全体(内転筋群・大腿四頭筋・ハムストリングス・下腿の筋など)のストレッチも大切になってきます。

 

 

ウォーミングアップ、クールダウンをしっかり行いましょう。

 

 

最後に

 

坐骨神経痛の発症頻度はシンスプリントなど他のランニング障害に比べ少ない・・・

もしくは坐骨神経痛がランニング障害として発症する前にほかの障害が発生するかもしれませんが、坐骨神経痛は一度発症してしまうと完治するまでに時間を要する障害です。

 

 

快適な環境でジョギングを続けられるよう、しっかり治療、メンテナンスを行ってください。

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日