TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 恥骨結合炎(ランニング障害)について

恥骨結合炎(ランニング障害)について

2017.10.23 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

夜中の雨、風が凄かったですが台風の被害はありませんでしたか?

 

 

今回は「恥骨結合炎」についてお話させていただきます。

 

 

まず、恥骨結合とはどこの部分をいうか分かりますか?

 

 

写真の「〇」のついたところ(陰部)付近です。

 

 

 

 

 

恥骨結合炎とは・・・

 

 

写真の「〇」で囲まれた部分の骨盤の左右(恥骨部)を結合させる関節(軟骨)円板が運動によりストレスを受け炎症が起こるものをいいます。

 

 

この部分にランニングやサッカーなどのキック動作を繰り返すことで恥骨結合部(軟骨円板)に捻じれ負荷がかかります。

 

 

また、内転筋群、腹直筋などの筋肉による牽引ストレスも恥骨結合部(軟骨円板)にかかります。

 

 

継続的な外力とは別に、ラクビーやサッカーなど接触、激突などの直接的な衝撃により起こることもあります。

 

 

上記記載内容により炎症が起こるものを「恥骨結合炎」といいます。

 

 

その他の原因で上げられるものは

 

妊娠・出産(骨盤が開くため・・・)

 

姿勢(前後、左右に傾く事で骨盤の「ひずみ」を生み出し負荷がかかるため・・・)

 

などです。

 

 

 

恥骨結合炎の痛みが発生しやすい場所(多い順)は

 

① 鼠径部

➁ 内転筋近位部

➂ 下腹部

④ 大腿直筋近位部

➄ 睾丸後方(会陰部)

⑥ 坐骨

➆ 恥骨結合部

 

です。

 

 

もし痛みが出てしまった場合は無理にプレーを続けないことが大切です。

 

 

恥骨結合炎の症状(痛み)は軽いものから激痛のもの、運動時に激しい痛みとなり運動を中止したりと個人差がありますが慢性化すると治りにくくなります。

 

 

 

恥骨結合炎を起こさないよう、日頃から股関節周辺の拘縮予防や筋力低下の予防、運動前のウォーミングアップで体幹から下肢にかけて連動させる協調運動を行うなど、しっかりメンテナンスを行ってください。

 

 

今朝は台風の影響で車の渋滞や交通機関の乱れが発生しています。

 

 

特に車を運転される方は交通事故を起こさないよう気を付けて運転してください。

 

 

また、電車でお出かけの方、足もとが悪いので気を付けてくださいね😊

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日