TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 膝蓋靭帯炎(スポーツ障害・ランニング障害)について

膝蓋靭帯炎(スポーツ障害・ランニング障害)について

2017.11.17 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

 

今回はスポーツ障害・ランニング障害の

 

 

「膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)」

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)は「膝蓋腱炎」「ジャンパー膝」・「ジャンパーズニー」とも呼ばれます。

 

 

 

では、膝蓋靭帯はどこにあるか・・・

 

 

それは膝蓋骨(お皿)周辺です。

 

 

膝蓋靭帯は、大腿部(太もも)の前にある筋肉「大腿四頭筋」が、膝蓋靭帯(膝蓋腱)となり膝蓋骨(お皿)の前を通って脛骨粗面(すね)に付着します。

 

 

 

ランニングをする、ジャンプ動作を繰り返すことは、大腿部(太もも)の前にある筋肉「大腿四頭筋」を強く収縮させながら膝を曲げる・・・

 

 

この繰り返し動作が膝蓋靭帯(膝蓋腱)にストレスをかけ、そのストレスが蓄積し膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)を発症してしまうことになります。

 

 

また転倒など膝の前面を強打することで膝蓋靭帯炎・膝蓋腱炎を発症してしまうこともあります。

 

 

 

 

膝蓋靭帯炎・膝蓋腱炎は膝蓋骨(お皿)の上が痛いのか・下が痛いのか、腱のどこの部分が痛いのか、膝蓋骨(お皿)の深部にある脂肪体の炎症なのか、滑液包の炎症なのか・・・

 

 

どの原因で発症しているかにより症状や復帰までの時間が異なってきます。

 

 

 

また、長期にわたり膝蓋靭帯炎・膝蓋腱炎を発症している場合、腱が肥厚して腱の強度自体が低下している場合があり、ひどい場合は断裂してしまうことも・・・

 

 

 

 

膝蓋靭帯炎・膝蓋腱炎を発症しないためにストッチなどウオーミングアップ・クールダウンをしっかり行うこと・RⅠCE処置を行うなどのセルフメンテナンスをしっかり行い、発症してしまった場合は練習メニューの見直しを行い、しっかり治療をしましょう。

 

 

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日