TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > シンスプリント(スポーツ障害・ランニング障害)について

シンスプリント(スポーツ障害・ランニング障害)について

2017.11.28 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回は「スポーツ障害・ランニング障害」のひとつ

 

 

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

シンスプリントは走ることの多いスポーツをしている人に多くみられ、下腿部(すね)の内側(人によっては外側)に痛みを発します。

 

 

また、ジャンプ多くするスポーツをしている人にも多く見られます。

 

 

シンスプリントはスポーツやオーバーユース(使い過ぎ)の方はもちろん、ランニングを始めて間もない方に発症することも多いため「初心者病」ともいわれています。

 

 

 

 

 

シンスプリントの原因としては

 

 

悪いランニングフォーム

 

足に合わないシューズ(クッション性が無いなど)

 

コンクリートでの走り込み・トレーニングなど

 

筋肉の酷使

 

筋力不足

 

柔軟性不足

 

アーチ異常(偏平足・回内足)

 

などが挙げられます。

 

 

 

 

シンスプリントはどのようにして炎症を起こしてしまうのか・・・

 

 

シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎」といわれるように

 

 

「骨膜炎」

 

 

が起こります。

 

 

筋肉は骨に直接ついているのではなく、骨を覆っている「骨膜」に付着しているため、走ったり、ジャンプを繰り返したりすると、そのたびに筋肉が収縮して付着している骨膜を引っ張ってしまう事で炎症が起こってしまいます。

 

 

つまり「オーバーユース(使い過ぎ)」で起こるスポーツ・ランニング障害です。

 

 

シンスプリントは「すねの痛み」ということで、ふくらはぎなどすね周りを柔らかくする(電気治療・マッサージ・ストレッチなどを行う)事は大切なことですが、それだけでは良くならないことがあります。

 

 

それはなぜか・・・

 

 

足首、足の裏、足の指、足のアーチなどに原因がある場合があるからです。

 

 

その場合は下腿部(ふくらはぎ)ばかりケア(治療)していても症状が軽減しません。

 

 

足首から先のケアも忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

シンスプリントを予防するためにはもちろんですが、シンスプリントが疑われる場合はアイッシングやストレッチ、トレーニングなどセルフメンテナンスをしっかり行いましょう。

 

 

 

また、シンスプリントを発症してしまった場合は、無理をして競技を続ける事で疲労骨折をしてしまう事もあります。

 

 

当院はシンスプリントの方が行うストレッチやトレーニングなど、ご自身で簡単に行えるセルフメンテナンスの指導を行っております。

 

 

シンスプリントを発症してしまった場合、決して無理をせず専門機関に相談しましょう。

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日