TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 下腿骨疲労骨折(スポーツ障害・ランニング障害)について

下腿骨疲労骨折(スポーツ障害・ランニング障害)について

2017.12.07 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はランニング障害でもあり、その他ジャンプ競技などのスポーツをしている方に多い下腿骨の疲労骨折

 

 

「疾走型脛骨疲労骨折」

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

疾走型脛骨疲労骨折とは、脛骨(すね)に起こる疲労骨折で、全身に起こる疲労骨折の中で一番多いと言われています。

 

 

原因としては基本的にオーバーユースで起こることがほとんどですが、練習メニュー(※)によっても起こりやすくなります。

 

 

※ 進学したことでランニングの量が増えた。

※ 普段よりピッチを上げて走った。

※ 坂道ダッシュなど練習メニューが変わった。         など

 

 

また、脛骨(すねの骨)はわずかにですが、前方に弧を描く形のカーブをしている形状のため、地面からの反発力と自分の荷重がかかることで部分的に強い圧縮力がかかり、疲労骨折を起こしてしまうと言われています。

 

 

疾走型脛骨疲労骨折とシンスプリント(※)は症状的に似ていますが、疾走型脛骨疲労骨折の場合は「痛む場所(圧痛)が限局している」など比較的狭い範囲で痛み(圧痛)を訴えます。

※ シンスプリントは比較的広範囲の痛み(圧痛)を訴えます。

 

 

痛む範囲の目安は「指2本」。

 

 

あくまで目安ですが、痛み(圧痛)の範囲が指2本の広さより広いか狭いかを確認するのも一つの方法です。

 

 

 

 

もし痛みが出てしまった場合は

 

歩行・ジョグ程度で痛い場合   →   基本的に安静

 

痛みの緩和のために、超音波療法やその他、電気療法などを行い、並行してストレッチなどを行うと良いでしょう。

 

症状にもよりますが、4~8週程度様子を見ながら症状緩和とともに、練習メニューの見直し・クッション性の良いシューズ選びなどを行い競技復帰の準備をしていくと良いでしょう。

 

 

当院では、早期回復のために超音波治療やその他、電気療法を行います。

 

 

この様スポーツ障害・ランニング障害を起こさないために日頃からRICE処置やストレッチなどのセルフメンテナンスはしっかり行いましょう。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

すねの痛みはもちろん、その他、お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日