TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 足首・外くるぶしの痛み:腓骨筋腱炎(スポーツ障害・ランニング障害)について

足首・外くるぶしの痛み:腓骨筋腱炎(スポーツ障害・ランニング障害)について

2017.12.15 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はスポーツ障害・ランニング障害の一つですねの外側の痛みや足首の外側の痛み、外くるぶしの痛みを発する

 

 

腓骨筋腱炎

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

腓骨筋腱炎・・・

 

 

これまた聞きなれない言葉かもしれませんね・・・

 

 

 

腓骨筋はどこにあるか・・・

 

 

最初に痛む場所を記載したので何となくお気付きかもしれませんが、腓骨筋は腓骨といわれる「スネ(脛骨)の外側にある細い骨」の外側にある筋肉をいいます。

 

 

その筋肉(腓骨筋)は足首のほうに向かい外果(外くるぶし)の後方を通って足の外側(小指側)に向かって走行しています。

 

 

腓骨筋腱は腓骨筋が足首付近で筋肉から腱に変わり、その腱の部分に炎症が起き、外果(外くるぶし)周辺の痛みを発するものを腓骨筋腱炎といいます。

 

 

腓骨筋腱炎の原因としては、足の外側での着地したり、地面を蹴り上げるような形で足首を使うと、過度なストレスがかかり炎症を起こしてしまう事となります。

 

 

すねの外側の痛み・足首の外側の痛み・外くるぶしの痛みなど腓骨筋腱の痛み発症して間もない時期は、痛みを我慢して運動をすることは出来ます。

 

 

症状が進んでくると、歩くだけでもいたくなり、走るなど運動することが困難になります。

 

 

 

もし、足の外側を使って重心をとるような足の使い方をしている場合、足の内側を使うことを意識すると良いでしょう。

 

 

ただ、歩行時や走行時に踵(かかと)の外側から着地することは問題ありません。

 

 

重心の移動は踵(かかと)の外側から着き、その後、拇趾球から拇趾(第1趾)を重心が抜けていく形が良いでしょう。

 

 

 

また、立っているときの姿勢で親指側を上げて立っている姿勢(足の外側で立っている姿勢)をしている場合も、腓骨筋・腓骨筋腱にストレスがかかり炎症を起こしてしまう事もあります。

 

 

姿勢に気を付けるようにしてください。

 

 

上記内容のほかに、ランニングや歩行時の着地の衝撃が激しいと「腓骨筋腱」に負担がかかります。

 

 

ランニングフォームを見直し、インソールの利用やクッション性の良いシューズを選んだりと、着地をスムーズにすることを意識することで、衝撃をやわらかくすることも大切なポイントとなるでしょう。

 

 

また、腓骨筋腱炎(すねの外側の痛み・足首の外側の痛み・外くるぶしの痛み)を発症してしまった場合、専門家の治療はもちろん、ストレッチやRICE処置などご自身で出来るセルフメンテナンスをしっかり行ってください。

 

 

以上のことを念頭に置き、充実した楽しいスポーツライフを送れるようにしましょう。

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日