TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 足の痛み:中足骨疲労骨折(スポーツ障害・ランニング障害)について

足の痛み:中足骨疲労骨折(スポーツ障害・ランニング障害)について

2017.12.15 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はランニングやジャンプ動作を行うスポーツをされている方に多い「足の痛み・足の甲の痛み」

 

 

中足骨疲労骨折

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

中足骨疲労骨折はランニングやジャンプ動作による衝撃など体重負荷が長時間足のアーチに繰り返し加わることで起こるスポーツ障害です。

 

 

一言でいえば   

 

 

「オーバーユース(使い過ぎ症候群)」   

 

 

です。

 

 

 

 

中足骨疲労骨折を起こしやすいスポーツは

 

サッカー

ラクビー

バレーボール

陸上競技(長距離競技)・マラソン

バスケットボール

剣道

野球

 

など・・・

 

 

プロスポーツ選手だから大丈夫ということはなく、トップレベルの選手から一般競技者まで発症する可能性があります。

 

 

起こりやすい場所、好発部位は

 

① 第3中足骨

⓶ 第2中足骨

➂ 第4中足骨

➃ 第5中足骨

 

の順で起こりやすく、第1中足骨に起こるのは「まれ」です。

 

 

上記➃の「第5中足骨疲労骨折(Jones骨折)」は難治性の場合があります。

※ 第5中足骨疲労骨折(Jones骨折)については次回以降にお話しできたらと思います。

 

 

 

症状は、打撲など強い外力や明らかな外傷がなく、足の甲に痛み(足背部に痛み)を発します。

 

 

また、足・足の甲に腫脹(はれ)や熱感が起こります。

 

 

しかし、このような足の痛みや足の甲の痛みなどの症状が発症しても発症直後であれば、レントゲン検査をしても異常を認めない場合があり、1~2週間後に再度レントゲン検査を行うことで異常所見が見つかる場合が多いです。

 

 

もし、打撲など強い外力が加わったなど明らかな外傷がなく、疼痛、腫脹(はれ)、熱感などが足の甲にみられたら、ランニングなどの荷重トレーニングは中止し、のアイ痛む部分ッシングを行うなどの処置を行いましょう。

 

 

また、歩行時に痛みが強くみられる場合は松葉杖を使うなど免荷を心がけると良いでしょう。

 

 

 

中足骨疲労骨折を発症してしまった場合、練習などを1週間程度休むと痛みが軽減することがあります。

 

 

足の痛み・足の甲の痛みが軽減したことですぐ復帰すると必ずと言ってよいほど再発する可能性が高いです。

 

 

このような足の痛み・足の甲の痛みを発する中足骨疲労骨折は判断が難しいケガです。

 

 

必ず専門家の判断を仰ぐようにしましょう。

 

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日