TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 足の痛み:第5中足骨疲労骨折・Jones骨折(スポーツ障害・ランニング障害)について

足の痛み:第5中足骨疲労骨折・Jones骨折(スポーツ障害・ランニング障害)について

2017.12.15 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

前回、足の痛み・足の甲の痛みを発する中足骨疲労骨折についてお話させていただきましたが、今回は中足骨疲労骨折の小指側「第5中足骨」に起こる「疲労骨折」

 

 

Jones骨折

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨疲労骨折・Jones骨折はサッカー、バスケットボール、ラクビーなど素早い動きを繰り返して行うスポーツの競技選手に多く発生します。

 

 

この第5中足骨疲労骨折・Jones骨折は難治性と言われています。

 

 

疲労骨折は骨への軽い衝撃などが繰り返し加わることで、骨への軽いダメージが蓄積し骨折を生じるものです。(※オーバーユース・使い過ぎ症候群です。)

 

 

針金を何度も曲げ伸ばししていると、折れてしまう現象と同じです。

 

 

なぜ第5中足骨疲労骨折・Jones骨折は難治性なのかというと、一度骨が治ってもスポーツを再開することで、上記記載内容のように、疲労骨折を起こした同じ負荷が繰り返しかかり疲労骨折を再発してしまうからです。

 

 

疲労が蓄積する要因を取り除かないでスポーツを再開してしまうとどうなるでしょう・・・

 

 

再発してしまう確率が高くなるのはおわかりになると思います。

 

 

このような環境が難治性ということにつながるのでしょう。

 

 

 

 

 

足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨疲労骨折・Jones骨折は以下のことを念頭に置き、予防できるように心がけましょう。

 

 

① 発生リスクを理解する。(選手・家族・指導者の理解が必要。)

 

② 人工芝でのトレーニングに注意・ブレードタイプのスパイクに注意する。

 

➂ 練習メニューによるシューズの使い分け。(素走りではランニングシューズを使用する。)

 

➃ 体幹・股関節周囲筋(特に股関節外転)の強化・外側荷重の更正。

 

⑤ 痛みが出たら・・・  →  検査・シューズ変更・インソール使用

 

 

 

 

しつこいようですが、足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨疲労骨折・Jones骨折は難治性です。

 

 

足の痛み・足の甲の痛みや足の外側の痛み(小指側)が出た場合決して無理をしてはいけません。

 

 

予防はもちろんのこと、必ず専門家へ相談しましょう。

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日