TEL

Blog記事一覧 > 症例について,雑談(身体について) > 足の痛み・足の親指の裏の痛み:拇趾種子骨炎(スポーツ障害・ランニング障害)について ※

足の痛み・足の親指の裏の痛み:拇趾種子骨炎(スポーツ障害・ランニング障害)について ※

2017.12.22 | Category: 症例について,雑談(身体について)

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はスポーツ障害・ランニング障害の一つで足の痛み・足の裏の痛み・足の親指裏の痛みを発する

 

 

拇趾種子骨炎

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

拇趾種子骨とは足の裏の親指の付け根の裏側にあります。(※写真の赤い〇で囲まれた部分)

 

 

 

 

足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏の痛みはなぜ起こるのか・・・

 

 

写真の赤い丸の部分、種子骨は種のような形をした骨が2個あります。

 

 

この種子骨の周りに筋肉や腱が集まっており、筋肉や腱が効率よく動くための補助をしているのが種子骨です。

 

 

歩いたり走ったりと足を蹴り出すときに、足の裏の筋肉(足底筋)は緊張して種子骨には引っ張られる力が加わります。

 

 

この牽引力によって種子骨に炎症が起こり足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏の痛みを発してしまいます。

 

 

また、生まれつき内側の種子骨が2つに分裂している(分裂種子骨)場合があり、この場合も痛みの原因となっている場合があります。

 

 

そのほかに、土踏まずがしっかりしている足の甲が高い(ハイアーチ)足をしている人に多く見られる傾向にあります。

 

 

足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏を発する種子骨炎を発症してしまった場合、痛みが強い場合は運動を休止し、足の裏にかかる衝撃や負担を軽減するために柔らかい素材でできているパッドを拇趾球の部分をくり抜くなどして利用するのも良いでしょう。

 

足の裏(足底筋)に硬さがみられる場合は、足の裏の柔軟性を取り戻すためのリハビリテーションを行うようにしていきましょう。

 

 

リハビリテーションの仕方がわからない場合はもちろんですが、専門家への相談は大切なことです。

 

 

専門家への相談も忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日