TEL

足底筋膜炎(足底腱膜炎)・アーチ障害 | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

足底筋膜炎(足底腱膜炎)・アーチ障害

足底筋膜炎(足底腱膜炎)とは
人の足部は弓状(アーチ状)の形状になっていて、体重を支えたり、衝撃を吸収できたりという機能が備わっています。
弓でいう弦の部分を想像して頂きたいのですが、「足底筋膜(足底腱膜)」は弦の部分に相当し、踵(かかと)の骨から足の指の付け根まで膜のように張り出しています。

その「足底筋膜(足底腱膜)」の「筋・腱の組織」に炎症が起こり足の裏に痛みを発してしまうものを「足底筋膜炎(足底腱膜炎)」と言います。
歩行・ランニング・ジャンプ競技など過度な負荷がかかること(オーバーユース)で起こることが多く、扁平足(へんぺいそく)や老化に伴うアーチ機能の低下(アーチ障害)で起こる事も原因として挙げられます。
また、加齢に伴い足底筋膜自体の弾力性低下(古いゴム管にヒビが入るような状態)が起こることで足底筋膜の付着部である踵の骨の部分が棘(とげ)のように大きくなり、痛みが増してしまう事もあります。(※骨棘(こつきょく))

足底筋膜炎(足底腱膜炎)・足の裏の痛みでお悩みの方は当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。