TEL

ばね指 | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

ばね指

ばね指とは・・・
ばね指とは「弾発指(だんぱつし)」とも呼ばれる腱鞘炎の一種です。

指の曲げ伸ばしは「腱」といわれるものによって行われます。
指を曲げたときに腱がうきあがらないよう押さえているものが「腱鞘(けんしょう)」です。
「腱がベルト」「腱鞘がベルト通し」というような関係性だと思ってもらうとわかりやすいかと思いますが、この腱や腱鞘部分に炎症が起こり、腱や腱鞘が肥厚してしまったことで通過障害を起こしてしまう現象で起こります。
つまりどういう事かと言いますと、ベルトの一部分が太くなっていることでベルト通しを通過できない・ベルト通しの部分が狭くなりベルトの通りが悪いというような現象です。

指を握って伸ばそうとしたとき指が引っかかって伸びない、指を伸ばそうとしたとき「カクッ」となる(ばね指が疑われる)方は当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。