TEL

バスケット・バレーボール | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

バスケット・バレーボール(ジャンプ競技)

バスケットやバレーボールなどジャンプ競技に多くみられるケガは捻挫や打撲、肉離れなど色々なケガをしてしまうリスクがあります。

また、ジャンプ動作を繰り返すこと(オーバーユース)でおこる障害を

 

ジャンパー膝・膝蓋腱炎(しつがいけんえん)・膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)

 

といいます。

ジャンパー膝について

ジャンパー膝・膝蓋腱炎(しつがいけんえん)・膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)
とは・・・

膝部にある膝蓋骨(俗に言う「お皿」)から下腿部の間の部分に圧痛など痛みを発します。

この部分には膝蓋腱(しつがいけん)といわれる靭帯(じんたい)が存在しその部分に炎症を起こして痛みを訴えます。
バスケットやバレーボールなどのジャンプ動作やサッカーのキック動作など太ももの筋肉を過剰に使うことで起こることが多く、ランニング障害としても多くみられます。(オーバーユース)

 

※「ジャンパー膝」と成長期にみられる痛み「オスグッド」(成長痛)は痛みの出る場所が違います。

 

赤〇 → ジャンパー膝

青〇 → オスグッド

 

 

ジャンパー膝(膝蓋腱炎・膝蓋靭帯炎)でお悩みの方、当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。