TEL

痛みを軽くしたい時には・・・ | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

痛みを軽くしたい時には・・・

2018.06.04 | Category: 患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院 『大野』です。

 

  

今回は、当院で使用している 

 

 

ハイボルテージ

超音波

マイクロカレント

 

 

について、詳しくお話させていただきます。

 

 

 

まずは、これらの施術が行われている機器がこちらです。

 

 

 

 

 

 

とてもかっこいいですね😊

 

 

 

 

 

当院にご来院されている方は、気になっていたり、

使用されたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

では、各施術について、お話していきます。

 

 

 

 

 

 

今日は、ハイボルテージについての説明です。

 

 

 

 

 

 

こちらのシールで行います。

 

 

 

 

 

 

 

ハイボルテージは150Vを超える高電圧を用いています。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、電気刺激で体の深部への刺激に適しています。

 

 

 

 

 

☆回復することしては・・・

・痛みの軽減

・血流がよくなる

・可動域の回復(動きが良くなる)

 

 

 

 

 

などの実感があります。

 

 

 

 

 

 

当院では、こちらの機器を用いての施術も行っております。

 

 

 

 

 

 

痛みを軽くしたい、動きを良くしたいとお考えの方は、

 

 

 

 

 

 

来院された際に、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

次回は、超音波についてのお話になります。

 

 

 

 

腰の痛み、肩の痛み、背中の張り、肩のこり、交通事故によるむち打ちなど、八千代中央駅近辺で施術院をお探しの方は是非、お気軽にお問い合わせ、ご来院下さい。

各種健康保険取扱、労災、交通事故対応取扱/口コミで評判・オススメになっている安心・安全の整骨院です。

 

 

当院では交通事故対応を随時受け付けしております。

 整骨院でも交通事故に遭われた方に対し

自賠責保険や自動車保険を用いての施術が認められてます。

 整形外科への通院と同じ慰謝料基準で算定されます。

 窓口負担は0円です。

 事故対応に少しでも不安や気になる点をお持ちの方は、一度お気軽にお問い合わせ下さい。

「事故に遭ってしまったので相談したい」とお伝え頂ければ大丈夫です!

 

 

 

また、当院では労災保険も適用されます。

 労災の方は窓口負担0円(負担金は無し)です。

 通勤中や業務中に怪我をして体を痛めた際には

労災保険を適用する事が可能なので、お気軽にお問い合わせ下さい。

労災に必要な書類・手続き等も含めアドバイスさせて頂きます。

 不安な点や疑問点などお気軽にお問い合わせください

 

「通勤中(業務中)怪我をしてしまったので相談したい」とお伝え下されば大丈夫です!

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・たかはし鍼灸整骨院は勝田台・村上・八千代中央・八千代緑が丘・船橋日大前・北習志野・飯山満・東海神・西船橋など東葉高速鉄道や、八千代台・大和田・実籾・大久保・京成津田沼・志津、ユーカリが丘・うすい、佐倉など京成線からのアクセスが良く、八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市、佐倉市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」「労災」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応・マッサージ・整体・指圧

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

肩のこり

2018.05.17 | Category: 「首・肩」の症状などについての話

 

 

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

肩のこりはなぜ起こるのでしょう・・・

 

今回は肩のこりについて簡単にお話をさせていただきます。

 

 

 

 

肩のこりの原因で多い理由は「姿勢の悪さ」といっても良いでしょう。

 

現代はパソコンをする方やスマートフォンをされる方が多いです。

 

そのときの姿勢を想像してみて下さい。

 

 

 

背中がまるまり下を向いたような姿勢・・・

 

 

 

そう・・・「猫背」です。

 

 

 

 

人間の身体を横(側面)から見てもらったとき背骨はS字を書いた形をしているのが理想です。

 

首 → 前弯(前曲線)

胸 → 後弯(後ろ曲線)

腰 → 前弯(前曲線)

 

という感じを想像してください。

 

 

 

 

電車の中でスマートフォンをいじっている時はどうでしょうか???

 

下を向いているため首が落ち、背中を丸めていると思います。

 

 

 

仕事でパソコンをしている時はどうでしょう???

 

身体とキーボードが離れ、手が前に出ている事で脇があき、椅子には浅く座って背もたれに寄りかかる姿勢・・・

 

 

 

 

どちらも横から見るとどうでしょう???

 

身体が「C字」になっていると思います。

 

 

 

人間の脊柱はS字の弯曲がある事で、重力や衝撃を吸収できるといわれています。

 

 

 

S字のバランスが乱れている事で衝撃を上手く吸収できなければ、周りの筋肉などを働かせなければなりません。

 

 

 

それに、人間の頭はとても重いです。

 

その重い頭が下に下がると、下がらないように引き上げなければなりません。

 

 

 

 

筋肉が常に働くとどうでしょう・・・

 

筋肉が疲労します。

 

そこで「肩のこり」が生まれる・・・

 

ひとつのサイクルが出来上がってしまいます。

 

 

次は「肩のこり」の方が、日常生活の中での注意事項(意識していただきたい事)をお話させて頂きます。

 

 

あなたは下を向いている事が多く、首が前に下がっていませんか?

 

 

あなたの両肩はいかがでしょう??

 

 

内側(前方)に巻き込むような姿勢をしていませんか???

 

 

日常生活の中で意識していただく事は「猫背にならない事」です。

 

 

意識としては頭のてっぺんから吊るされている意識を持ってみて下さい。

 

 

すると胸(肋骨)が上を向くような姿勢になり、両肩がしっかり横を向く形になりませんか??

 

 

しっかり「きをつけ」をしたような姿勢になりますよね???

 

 

その時、腕の延長線上に耳がくるようにしてください。

 

 

せっかく胸を張った姿勢が取れても腕の延長線上に耳が来ないと首が前に落ちた状態(猫背)と同じような状況になってしまいます。

 

 

簡単な説明でしたが上記の姿勢を意識してみてください。

 

 

次は「肩のこり」の方がおこなえる簡単な体操についてお話させて頂きます。

 

 

肩のこりの方がどのような姿勢をしているか・・・

 

 

そう!!

 

「猫背」です!!

 

 

背中を丸めてしまう「猫背」を想像してみてください。

 

 

猫背の姿勢では肩甲骨の位置がどのようになっているか想像してみてください。

 

 

猫背の姿勢をとっていると肩甲骨は背骨から離れ、体の外側にいってしまい肩甲骨の動きが悪くなってしまいます。

 

 

そこで肩のこりに関係する「肩甲骨」の動きについてお話させて頂きます。

 

 

肩甲骨は

外転

内転

上方回旋

下方回旋

という4方向に動きます。

 

 

肩のこりの方は、この4方向の動きが悪くなってしまっていることが多いのでこの動きを出していく体操についてお話させて頂きます。

 

 

という事で各動きについてお話しさせて頂きます。

 

まずは 「 外転 」

肘から前腕部を体の前でくっつけ、背中を丸めましょう。

 

左右肩甲骨が体の外側に動きます。

 

 

「 内転 」

肘を曲げ、手のひらを外側に向けるように腋をしめ、胸を張るような動作をしましょう。

 

左右肩甲骨が背骨にくっつくような動きになります。

 

 

「 上方回旋 」

手を自分の頭の上(前上方)に持っていき、背中を丸めましょう。

 

左右肩甲骨が上方に動きながら肩甲骨下側が外上方に回旋していく動きになります。

 

 

 

「 下方回旋 」

腋をしめ肘を体の後下方にもっていくようにして下さい。

 

左右肩甲骨の下の部分がくっつくような動きになります。

 

 

以上の動作が肩甲骨4方向の基本動作になります。

 

 

セルフメンテナンスはとても大切です。

 

 

肩甲骨の体操をしっかり行い、運動不足・肩のこりを解消しましょう。。。

 

 

そんな辛い「肩のこり」・・・

たかはし鍼灸整骨院で身体のバランスをみて、身体全体の矯正やマッサージをして楽になりませんか??

 

 

腰の痛み、肩の痛み、背中の張り、肩の凝り、交通事故によるむち打ちなど、八千代中央駅近辺で施術院をお探しの方は是非、お気軽にお問い合わせ、ご来院下さい。

各種健康保険取扱、労災、交通事故対応取扱/口コミで評判・オススメになっている安心・安全の整骨院です。

 

 

当院では交通事故対応を随時受け付けしております。

整骨院でも交通事故に遭われた方に対し

自賠責保険や自動車保険を用いての施術が認められてます。

整形外科への通院と同じ慰謝料基準で算定されます。

窓口負担は0円です。

事故対応に少しでも不安や気になる点をお持ちの方は、一度お気軽にお問い合わせ下さい。

「事故に遭ってしまったので相談したい」とお伝え頂ければ大丈夫です!

 

 

 

また、当院では労災保険も適用されます。

労災の方は窓口負担0円(負担金は無し)です。

通勤中や業務中に怪我をして体を痛めた際には

労災保険を適用する事が可能なので、お気軽にお問い合わせ下さい。

労災に必要な書類・手続き等も含めアドバイスさせて頂きます。

 

 

「通勤中(業務中)怪我をしてしまったので相談したい」とお伝え下されば大丈夫です!

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・たかはし鍼灸整骨院は勝田台・村上・八千代中央・八千代緑が丘・船橋日大前・北習志野・飯山満・東海神・西船橋など東葉高速鉄道や、八千代台・大和田・実籾・大久保・京成津田沼・志津、ユーカリが丘・うすい、佐倉など京成線からのアクセスが良く、八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市、佐倉市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」「労災」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応・マッサージ・整体・指圧

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

 

筋膜リリースってなに?

2018.04.10 | Category: 患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院『大野』です。

 

 

今、スポーツ選手やジムに通う人が使用していることで、話題になり、テレビでも取り上げられている『筋膜リリース』

というものがあるのを知っていますか?

 

 

今回、筋膜リリースとは、どういうものなのかについてお話させていただきます。

 

 

 

筋膜リリース=筋膜はがし と言われています。

 

 

 

まずは、筋膜についてのお話です。

 

 

 

筋膜とは、筋肉、骨、内臓、血管、神経といった全身を包む膜のことです。

なんと‼︎

筋膜の 85%は、水分でできています。

 

 

 

こまめに水分補給を行うということは、脱水を防ぐだけでなく、筋膜にも良いということなんですね〜

 

 

 

 

筋膜の役割は

・各組織を包み、組織と組織の間に仕切りをつくり、同時に結びつける接着剤のような役割を果たし、姿勢を保つ

・組織と組織がこすれて起こる摩擦からの保護

・筋肉の動きを支え、力を伝える

 

 

 

 

皮膚からみると・・・

 

 

 

皮膚 → 皮下脂肪 → 筋膜 → 表層筋 → 筋膜 → 深層筋 → 筋膜 → 骨

 

 

 

といった構造になっていると言われています。

 

 

 

このように、各組織の間にある『筋膜』は、姿勢が悪い場合や運動での使いすぎにより、シコリや捻れることにより複雑に絡み合ってしまいます。

 

 

 

この現象が起こることにより、コリや痛みが発生し、筋肉の柔軟性が無くなってしまいます。

 

 

 

これらを整えるためには、どのようにしたらいいか気になりますよね??

 

 

では、『筋膜リリースを行うことにより感じる結果』について、お話させていただきます。

 

 

先程、筋膜は、姿勢が悪かったり、運動での使いすぎにより、シコリや捻れにより、

複雑に絡み合うことで、コリや痛みが発生してしまうということをお話したと思います。

 

 

このように、絡み合った筋膜をほぐすためには、どうしたらいいんだろう⁇ と思いますよね

 

 

そこで行うと良いのが・・・

 

 

『筋膜リリース』

 

 

と言われています。

 

 

筋膜リリースは、コリやハリのある場所に圧をかけ、鈍い痛みやシコリを感じるところに

60秒~数分かけて、行うと良いと言われています。

 

 

そこで気になる『筋膜リリースを行うことにより感じる結果』について、ご紹介します。

 

 

・血流が良くなる。

 

・内臓を元の位置に戻す。

 

・ボディラインが美しくなる。

 

・リンパの流れが良くなる。

 

・姿勢を正す。

 

・可動域の向上

 

・運動をする時のパフォーマンスの向上

 

・トレーニング効果の向上

 

・運動後の疲労回復

 

・むくみが無くなる

 

・ダイエット

 

といった実感があると言われています。

 

 

筋膜リリースは、身体に良いことばかりですね‼︎

 

 

それでは、『筋膜リリースのやり方』について、お話させていただきます。

 

 

まず、筋膜リリースには、

 

 

・自分で体を動かして行う方法

 

 

・道具を使って行う方法

 

 

の2つの方法があります。

 

 

そこで、まずはは・・・『自分で体を動かして行う方法』に注目して、ご紹介していきたいと思います。

 

 

特に、お困りの方が多い 『肩のこり』にアプローチする筋膜リリースについてです。

 

 

実際に行う際には、動作はゆっくりと行い、気持ちのよいと感じる範囲内で伸ばしてください。

 

 

*痛いのを我慢して行うと逆に良くないです。

 

 

☆パターン1(基本的なもの)

 

 

*①と②は基本姿勢

③と④はリリースの説明になります。

①右腕を斜め後ろに伸ばす。

指先は床にさすように、ピーンっと伸ばす。

 

 

②あごをひいて、首をゆっくり倒す。

この時、右腕が挙がらないように、左手で押さえる。

 

 

③左耳を前に出すように首を回す。

(この状態で20~90秒、キープ)

 

 

④ ③の状態から首を反対に回し、鼻を左肩に近づけていく。

(この状態で20~90秒、キープ)

 

 

☆パターン2(S字)

 

 

①右手を頭の後ろ、左手を背中の後ろに回し、

肘を90度に曲げる。

そこから、腕を反時計回りに回す。

(この状態で20~90、キープ)

 

 

②そこから、右足を前に出してクロスさせて、体を左に倒す。

(この状態で20~90、キープ)

 

 

☆パターン3(バレリーナ)

 

 

①右手の平を自分に向け

左手の平を後ろに向け

右足を一歩前に出す。

 

 

②そこから、右手を天井に

左手を床に向けて、伸ばしていき

さらに体を軽く左にひねる。

(この状態で20~90秒、キープ)

 

 

以上、この3パターンが肩のこりに効く、筋膜リリースです。

 

 

次は、『道具を使って行う方法』について、お話させていただきます。

 

 

まずは、筋膜リリースで使用する道具を紹介します。

 

 

こちらです‼︎

 

 

「トリガーポイント フォーム ローラー」という名称です。

 

 

表面に凸凹があり、不思議な形をしていますね。

 

 

では…

この凸凹の機能について、少し説明していきます。

 

 

・正方形の平坦な部分は「手のひら」の機能

 

・横の棒状の形は「指」の機能

 

・全体についている細かな突起は「こする」機能

 

という目的があります。

 

ひとつひとつの形に意味があるんですね…

 

とても奥深いですね‼︎

 

それでは、やり方について、説明していきます。

 

今回は、首・肩のコリ、腰の痛みの回復を目的としたものになります。

 

 

☆パターン1

「首」の筋膜リリースです。

 

 

①ローラーに首の中心部を乗せます。

リリースをする部分は、首の骨の両端の2カ所です。

 

②首を45度傾けて、ローラーを首の横側に合わせます。

こするように左右に4往復、動きます。

 

 

☆パターン2

「腰」の筋膜リリースです。

 

 

①ローラーを背骨中心部付近に合わせます。

両手を首の後ろで組むか、胸の前で組みます。

 

②前後に4往復ローリングします。

この時に、お尻は浮かせるようにしてください。

最初は痛みが強いかもしれませんが、徐々に痛気持ち良くなります。

(痛みが強すぎる場合は我慢しないようにしてください。)

 

 

③左右に4往復、動きます。

 

 

以上、2パターンが首・肩のコリ、腰の痛みに効く道具を使った筋膜リリースになります。

是非、お試しください。

 

 

分かりづらい表現もあったかと思いますが、皆様のお役に立てると光栄です。

 

 

首・肩のコリ、腰の痛みの筋膜リリースでの対処方法をお話しましたが、

 

 

身体の歪みを矯正しないと『筋膜リリース』だけでは、完全には回復できるとは限りません。

 

 

当院では、肩のこり、首の痛み、、腰の痛みなどでお悩みの方に対して骨盤矯正を含めた身体の矯正を行なっております。

 

 

このような不調でお悩みの方は、ご相談ください。😊

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩こり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

プロスポーツ選手・プロフェッショナルとは

2018.03.08 | Category: 患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

先日、タイのプロサッカーリーグ・アントーンFC元選手の髙橋延仁さんが来院されました。

 

 

久しぶりにゆっくり話をさせてもらいました。

 

 

色々話をする中で、プロの選手になるには…という話をしました。

 

 

子供達が将来の夢を語るのはとても良い事です。

 

 

将来の夢に向かってレベルの高いクラブチームなどで活動する…

 

良い事です。

 

 

ただ中にはクラブチームで活動している事に満足している、クラブチームで活動している事に酔っている子供が多いようです。

 

 

そんな時、髙橋延仁さんは

 

 

甘い。

そんなんではプロになれない。

練習しないと。

やるのも自分、やらないのも自分。

とにかくやらないと無理。

 

 

とはっきり言うとのこと。

 

 

実際にプロの選手だった方に言われるのは子供にとって貴重な体験でしょう。

 

 

そこで気づける子供はやはり上手になるとの事。

 

 

これはサッカーに限らず他のスポーツにも同じ事が言えるでしょう。

 

 

また、仕事などスポーツ以外でも同じ事が言えると思います。

 

 

何事もやるかやらないか…

 

 

やらなければ何も始まらない…

 

 

何もやらないで「でも〜」「だって〜」など言い訳や文句を言うのは一番ダメな事。

 

 

やるかやらないかは自分次第。

 

 

とにかくチャレンジ。

 

 

そしてコツコツと練習するなど何事も継続することが大切だという事に改めて気付かされる言葉でした。

 

 

ノブくん…

 

色々気付かせてくれてありがとう😊

 

 

最後にノブくんのユニフォームをバックに写真を…

 

 

「先生もちゃんと入ってくださいよ〜」と言われましたが頭がボサボサだったのでほんのちょっとだけ…

 

 

 

ノブくん…

 

 

いつも有難う。。。

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

交通事故を起こしやすい時間帯は?

2018.03.01 | Category: 交通事故に遭われた方への豆知識

こんにちは。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

前回は「交通事故を起こしやすい季節」についてお話させていただきましたが、今回は

 

 

交通事故を起こしやすい時間帯についてお話させていただきます。

 

 

交通事故を起こしやすい時間帯は皆様も「朝の明るい時間よりは夜の暗い時間・・・」と想像つくかもしれません。

 

 

明るい時間は視界が良いため運転が簡単と感じるでしょう。

 

 

でも実は通勤時間帯にあたる時間にも交通事故は多いとの統計が出ています。

 

 

朝の時間帯は歩行者、車ともに交通量が多く、その時間帯は忙しく、気が焦ってしまうことが要因として挙げられるでしょう。

 

 

逆に夜間の暗い時間の方が運転が難しいと思われがちですが、実は日が暮れた後はライト点灯・街灯の明かりが灯る事で以外にも歩行者に気付きやすくなります。

また、標識も反射板を利用しているためはっきり見えます。

 

 

以上のことから夜間の運転も運転しやすいという声もあります。

 

 

ただし、死亡事故は夜間の方が圧倒的に多く、昼間の2.7倍という統計も出ています。

 

 

夜間は交通量が少ないためスピードを出してしまいがちです。

 

 

運転者側はもちろん気を付けなければいけませんが、歩行者側も、明るい色の洋服を着る・など意識を変える必要があるのかもしれません。

 

 

 

ここまでのお話は皆様も想像ができたでしょう・・・

 

 

でも話には続きが・・・

 

 

運転手から歩行者が一番見えにくい時間帯は「夕方」です。

 

 

夕方、夕暮れ時は車も含め帰宅時間帯で歩行者、車ともに交通量が増えます。

 

 

暗くなり始める時間帯はドライバー、歩行者ともに視認性が低下します。

 

 

なおかつ、帰宅時間帯ということは一日の疲れが出て注意力が低下しやすい時間帯です。

 

 

このような条件により夕方、夕暮れ時は交通事故が起こりやすい時間帯となるのでしょう。

 

 

 

 

前回のお話と同じですが、スピードの出しすぎ注意などに気を付けなければいけませんが、ドライバーの「運転マナー」が一番大事なことです。

 

 

自分も車を運転する一人として安全運転を心掛けます。

 

 

皆様も、交通事故を起こさないために安全運転を心掛けましょう。

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

交通事故を起こしやすい季節は?

2018.02.23 | Category: 交通事故に遭われた方への豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

 

皆様は交通事故をを起こしやすい「季節」や「時間帯」などがあることを知っていますか?

 

 

警視庁の統計によると交通事故を起こしやすい季節(月)は

 

 

12月

 

 

12月は「師走」と呼ばれ、師匠すら走り回るほど忙しい月ということで、とにかく忙しい月となります。

 

 

一年を通してみても12月は交通量も多く、忙しいという感覚は交通事故を起こす要因となります。

 

 

また12月は日照時間が最も短く、夜間の時間が長くなることも要因のひとつでしょう。

 

 

1月や2月は雪の降る日があります。

 

 

関東で大雪となれば車での外出を控える事が多いでしょうが、昨日のように雪がちらついているような天気の時や雨が降っているときなどは路面が滑りやすくなるため危険な状態になります。

 

 

12月から1月・2月の寒い時期は路面凍結するおそれもあります。

 

 

この他に、強風も車の運転に影響を与えます。

 

 

強風に関しては冬のみのお話ではありませんが注意が必要です。

 

 

先日、自分が交差点を普通に直進していたところ、右折をしようとしていた対向車にクラクションを鳴らされ、その車が自分が通り過ぎた瞬間にもの凄いスピードで右折していきました。

 

 

しかも自分の後ろに後続車はいないのに・・・

 

 

運転していたのは年配の男性でしたが、よほど急いでいたのかよほど余裕がないのか・・・

 

 

交通事故を起こしやすい「環境」には気を付けないといけませんが、運転マナーの良さが交通事故を起こさないために一番大事なことだと思います。

 

 

お車を運転される方は、交通事故を起こさないよう、天気など「環境」に気を付け、安全運転をするよう心掛けてくださいね。

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

足が冷たい・・・足が冷えるのは何故?

2018.02.08 | Category: 患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

寒気の影響で寒い日が続いていますが、この時期に悩まされる「足の冷え」について簡単にお話させていただきます。

 

 

足の冷え・・・

 

 

女性に多くみられるイメージですが、最近は男性も足の冷えを訴える方が多くなっています。

 

 

 

 

では、なぜ足が冷えてしまうのか・・・

 

 

寒い環境

 

筋肉量不足

 

体内の血液循環が悪い

 

ストレス

 

などいろいろな要因が考えられます。

 

 

 

 

寒い環境で、寒さを察知した場合、交感神経が優位に働きます。

交感神経・・・

交感神経とは自律神経のひとつで交感神経が優位に働いているときは、皮膚の表面や体の末端の血流量が減り、体の中心部の体温を維持しようとする働きがあるため寒い環境では末端部分は冷えやすくなります。

 

 

 

 

このようなことを考えると交感神経が優位に働かないようにすることが大切なことになりますね・・・

 

 

では、交感神経の働きを優位にさせないためには自律神経調整を行い、副交感神経を優位に働かせないといけません。

 

 

当院では、「鍼」や鍼は打たないけど鍼と同様の効果が得られる「SSP電気」など自律神経調整を行う施術を行っております。

 

 

 

 

次は

 

 

「筋肉量不足で足が冷えるのはなぜか・・・」

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

 

筋肉の役割は何ですか?と問うと

 

 

身体の各部位を動かす(関節・内臓など)

 

姿勢の維持

 

身体の保護(外部からかかる圧力などのストレスから体を守る働き)

 

 

などはイメージできると思います。

 

 

筋肉の働きはこのほかに

 

「熱を作る」

「血行を促す」

 

という働きがあります。

 

 

 

 

人間の体温は常に36~37度に保たれています。

 

 

この体温の熱を生み出しているのは

 

 

「筋肉」

 

 

全体の60パーセントを担っていて、生命維持に大切な熱を筋肉がエネルギー消費をしながら熱を発しています。

 

 

その他40パーセントは肝臓や腎臓、褐色脂肪が担っていると言われています。

 

 

また、筋肉は血液を全身に送るポンプのような働きをしています。

 

 

そのため、筋肉量が不足していることで動きが小さいと血液を全身に送ることができず、血行不良を起こしてしまい足が冷たい・・・足が冷えるなどの不調を起こしてしまいます。

 

 

以上のことから適度な運動をすることが大切だということがわかりますね。

 

 

適度な運動・・・

筋肉はエネルギーを消費して熱を発生させている・・・・

 

ダイエットにつながるかもしれませんね。。。。。

 

 

 

次にお話するのは、「体内の血液循環が悪い事で足が冷える・・・」事について簡単にお話させていただきます。

 

 

人間の身体は体内の環境の変化により血流量が変化します。

 

 

ここでお話させていただく「体内環境とは」

 

 

低血圧

水分不足

悪玉コレステロールの過剰摂取

 

 

などです。

 

 

 

また生活習慣の乱れなども血行不良の原因となります。

 

 

 

 

 

アイスなどの冷たい食べ物や冷えた食事を避ける。

甘いものや夏野菜、南国の食べ物などは身体を冷やすので食べ方を工夫する。

飲み物についても甘くて冷たいものは身体を冷やすので注意が必要。

また、コーヒーも体を冷やすため飲む量に気を付ける。

 

 

身体を温める食べ物・飲み物を摂ること!!!

 

 

以上のことを気を付けると良いでしょう。

 

次は、「足の冷え」と「ストレス」の関係性について簡単にお話させていただきます。

 

このご時世、ストレスがかからない、ストレスがないという人はなかなかいないかもしれません。

 

ではストレスがかかることで身体にどのような影響を及ぼすか・・・

 

人間はストレスを感じると交感神経が優位に働きます。

 

交感神経が優位に働いているとき、身体は緊張します。

 

この緊張状態が続くことで血管の状態は収縮したままになるので血行が悪くなります。

 

このように自律神経の影響で交感神経が優位に働く反応が身体に起こることで、足が冷える・末端が冷えることにつながります。

 

最初の方にお話させていただきましたが、交感神経が優位に働かないようにすることがポイントです。

 

軽めの運動をするなどストレスをためないように心がけましょう。

 

 

次は、その他の原因について簡単にお話しさせて頂きます。

 

 

足が冷たい・足が冷えるという不調がある方は腰が冷えていて腰の痛みに悩んでいる事も多いです。

 

 

これは何故か…

 

 

例えば…デスクワークをしている、車の運転をしている、長時間座っているなど同じ姿勢をしている事で筋肉がこわばる・凝るというような不調が現れます。

 

 

筋肉がこわばると血流が悪くなります。

 

 

長時間同じ姿勢をしているという事は筋肉に動きが出ないため筋肉によるポンプ作用も得られません。

 

 

血行が悪ければ冷えにつながる事になります。

 

 

という事で肩のこり、手の冷えなども同じ事が言えるでしょう。

 

 

話がそれてしまいましたが腰の痛み、足の不調と聞いて忘れてはいけない事…

 

 

それは

「腰のヘルニアの不調」

「脊柱管狭窄の不調」

です。

 

 

足の神経は腰から出てきます。

 

 

腰のヘルニアは椎間板の髄核というものが飛び出してしまい神経の出口のところで神経を圧迫してしまうものを言います。

 

 

また、神経の幹が走行する部分を脊柱管と言います。

 

 

このトンネル状の脊柱管が狭くなってしまい神経を圧迫してしまう「脊柱管狭窄の不調」というものもあります。

 

 

腰のヘルニアの不調、脊柱管狭窄の不調ともに「坐骨神経の痛み」を引き起こします。

 

 

坐骨神経の痛みは神経の圧迫されることにより「シビレや痛み」を発することは知られていますが「足が冷たい・足が冷える」などの不調を訴える人もいます。

 

 

それは実際に冷えてるのではなく神経の不調により神経の伝達が上手くできていないから「足が冷たい・足が冷える」と感じてしまっている場合があります。

 

 

シビレや痛みがある場合腰の痛みを伴う場合などは専門家の検査・施術を受けた方が良いでしょう。

 

 

それと「閉塞性動脈硬化」とい場合も下肢のシビレや冷感がみられる事があります。

 

 

腰のヘルニアの不調や脊柱管狭窄の不調と同様に痛みやシビレがある場合は専門家の検査・施術を受けた方が良いでしょう。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの施術に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

足の痛み・足の親指の裏の痛み:拇趾種子骨の痛み(スポーツ・ランニングにおける不調)について

2017.12.22 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はスポーツ・ランニングにおける不調の一つで足の痛み・足の裏の痛み・足の親指裏の痛みを発する

 

 

拇趾種子骨の痛み

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

拇趾種子骨とは足の裏の親指の付け根の裏側にあります。(※写真の赤い〇で囲まれた部分)

 

 

 

 

足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏の痛みはなぜ起こるのか・・・

 

 

写真の赤い丸の部分、種子骨は種のような形をした骨が2個あります。

 

 

この種子骨の周りに筋肉や腱が集まっており、筋肉や腱が効率よく動くための補助をしているのが種子骨です。

 

 

歩いたり走ったりと足を蹴り出すときに、足の裏の筋肉(足底筋)は緊張して種子骨には引っ張られる力が加わります。

 

 

この牽引力によって種子骨に不調が起こり足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏の痛みを発してしまいます。

 

 

また、生まれつき内側の種子骨が2つに分裂している(分裂種子骨)場合があり、この場合も痛みの原因となっている場合があります。

 

 

そのほかに、土踏まずがしっかりしている足の甲が高い(ハイアーチ)足をしている人に多く見られる傾向にあります。

 

 

足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏を発する種子骨の不調を発生してしまった場合、痛みが強い場合は運動を休止し、足の裏にかかる衝撃や負担を軽減するために柔らかい素材でできているパッドを拇趾球の部分をくり抜くなどして利用するのも良いでしょう。

 

足の裏(足底筋)に硬さがみられる場合は、足の裏の柔軟性を取り戻すためのリハビリテーションを行うようにしていきましょう。

 

 

リハビリテーションの仕方がわからない場合はもちろんですが、専門家への相談は大切なことです。

 

 

専門家への相談も忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

足の痛み・足の裏の痛み:足底筋膜・アーチの不調(スポーツ・ランニングにおける不調)について

2017.12.15 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

   

今回は足の裏の痛み・足底の痛み 

  

 

足底筋膜の痛み・アーチの不調

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

 

 

皆様は「扁平足(へんぺいそく)」という言葉を聞いたことがありますか?

 

 

人間の足は

 

① 足の第1趾から踵(かかと)にかけて  →  内側アーチ

② 足の第5趾から踵(かかと)にかけて  →  外側アーチ

➂ 足の第1趾から第5趾方向にかけて   →  横アーチ

 

以上の3つのアーチ状の曲線を保っていることで衝撃を吸収することができます。

 

 

扁平足は、そのアーチ状の曲線のない状態、足の裏がひらたい状態で、土踏まずがほとんどない状態の足のことを言います。

 

 

皆様は「ハイアーチ」という言葉も聞いたことがありますか?

 

 

ハイアーチとは扁平足とは逆でアーチ状の曲線が高いものをいいます。

 

 

※ ハイアーチの人は「足趾を反らせる癖(指上げ足)」の人に多く見られます。

 

 

 

 

 

 

足底筋膜は踵の骨(踵骨)から5本の足趾の付け根(中足骨)まで扇状に広がる薄い膜状の筋肉です。

 

 

足底筋膜の働きとして「巻き上げ機構」というものがあります。

 

 

巻き上げ機構とは、足の指を反らせる(背屈)させると足底筋膜が巻き上げられ土踏まずのアーチが持ち上がることを言います。

 

 

この働きによって足部を安定させ、着地時の衝撃吸収と蹴り出し時の推進力を生み出します。

 

 

つまり、アーチが下がり土踏まずがなくなってしまうと、上記「巻き上げ機構」がうまく働かなくなり、衝撃吸収と蹴り出しサポートができなくなります。

 

 

その結果、足底筋膜に大きなストレスがかかってしまい不調が起こってしまうと考えられています。

 

 

また、アーチが下がってしまう他の原因として「距骨下関節(きょこつかかんせつ)の過回内(かかいない)」が挙げられます。

 

 

距骨下関節の過回内を簡単に説明すると踵の骨(踵骨)が内側に倒れる現象です。

 

 

この距骨下関節の過回内が起こることでアーチが下がってしまいます。

 

 

ということは、先ほどお話させていただいたように、足部の安定を維持することができず足底筋膜にストレスがかかり不調を起こしてしまう事となります。

 

 

ハイアーチは元々アーチが高い分、この過回内を起こしやすい状態とも考えられます。

 

 

このようなストレスのかかり方をすることで、足底筋膜に微細な断裂を起こし痛みを発する・・・

 

 

結果、足の裏の痛み・足底の痛みを発する足底筋膜の痛みを引き起こしてしまうこととなり、場合によっては、踵の骨(踵骨)に骨棘(こつきょく)という骨が「とげ状」に出っ張ってしまう事もあります。

 

 

 

 

また、アーチの支持に働く筋肉として「後脛骨筋」という下腿部(ふくらはぎ)にある筋肉があります。

 

 

後脛骨筋はアーチ曲線の上部の骨(舟状骨)についており、距骨下関節の過回内や、アーチの扁平化が起こると後脛骨筋が伸張され、すねの痛みや足の痛み・足首の痛みなど足底筋膜の痛み以外のランニングにおける不調を起こす原因にもなります。

 

 

このようなスポーツ・ランニングにおける不調を起こさないために日頃からストレッチやトレーニング(タオルを足の指で引き寄せるタオルギャザー)などをしっかり行ってください。

 

 

また、足の裏の痛み・足底の痛みが出てしまった場合は、練習内容の見直しやインソールを検討するなど、施術方法を含め専門家に相談しましょう。

 

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

足の痛み:第5中足骨が疲労により折れること(スポーツ・ランニングにおける不調)について

2017.12.15 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

前回、足の痛み・足の甲の痛みを発する中足骨が疲労により折れることについてお話させていただきましたが、今回は中足骨が疲労により折れるの小指側「第5中足骨」に起こるものについてお話させていただきます。

 

 

足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨が疲労により折れるものはサッカー、バスケットボール、ラクビーなど素早い動きを繰り返して行うスポーツの競技選手に多く発生します。

 

 

この第5中足骨が疲労により折れるものは難治性と言われています。

 

 

疲労により折れるものは骨への軽い衝撃などが繰り返し加わることで、骨への軽いダメージが蓄積し、生じるものです。(※オーバーユース(使いやすい)です。)

 

 

針金を何度も曲げ伸ばししていると、折れてしまう現象と同じです。

 

 

なぜ、難治性なのかというと、一度骨が治ってもスポーツを再開することで、上記記載内容のように、疲労により起こした同じ負荷が繰り返しかかり、再発してしまうからです。

 

 

疲労が蓄積する要因を取り除かないでスポーツを再開してしまうとどうなるでしょう・・・

 

 

再発してしまう確率が高くなるのはおわかりになると思います。

 

 

このような環境が難治性ということにつながるのでしょう。

 

 

 

 

 

足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨が疲労により折れることは以下のことを念頭に置き、予防できるように心がけましょう。

 

 

① 発生リスクを理解する。(選手・家族・指導者の理解が必要。)

 

② 人工芝でのトレーニングに注意・ブレードタイプのスパイクに注意する。

 

➂ 練習メニューによるシューズの使い分け。(素走りではランニングシューズを使用する。)

 

➃ 体幹・股関節周囲筋(特に股関節外転)の強化・外側荷重の更正。

 

⑤ 痛みが出たら・・・  →  検査・シューズ変更・インソール使用

 

 

 

 

しつこいようですが、足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨が疲労により折れるものは難治性です。

 

 

足の痛み・足の甲の痛みや足の外側の痛み(小指側)が出た場合決して無理をしてはいけません。

 

 

予防はもちろんのこと、必ず専門家へ相談しましょう。

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼 、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717