TEL

腸脛靭帯炎 | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎とは・・・
ランニングなどにより膝関節周辺に痛みを発してしまうスポーツ障害の一つで別名「ランナー膝」とも言われています。
この腸脛靭帯炎は膝の外側に痛みが出現しますが、腸脛靭帯と言われる靭帯が膝の外側(大腿骨外顆)で擦れてしまう事で炎症が起こり痛みを発してしまいます。(オーバーユース)

初期はランニング後に痛みを発し休むと楽になりますが、ランニングを続けていると痛みは増強して痛みが消失しなくなってきます。
この部分に「圧痛・運動時痛」がみられる方は「腸脛靭帯炎」が疑われます。
膝外側の痛みでお悩みの方(「腸脛靭帯炎」が疑われる方)は当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。