TEL

ぎっくり腰・筋筋膜性腰痛 | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

ぎっくり腰・筋筋膜性腰痛

「ぎっくり腰」・「筋筋膜性腰痛」とは、腰の筋肉の過剰な緊張(過緊張)や、筋肉(筋膜)の損傷により突然腰に激痛が走る急性腰痛の一つで、外国では「魔女の一撃」とも言われています。
人の体は、スポーツなど運動をする事や日常生活を送る事で疲労がたまります。
この疲労は栄養や睡眠をとったり、運動をすることなどで回復しますが、強い運動負荷がかかり続けたり、悪い姿勢の連続など、身体に負担がかかり続けることで回復スピードがが追い付かない「キャパオーバー状態」となった場合、身体の動作不良が起きてしまいます。
その状況下で、物理的刺激が急激に身体にかかると、ぎっくり腰、筋筋膜性腰痛を起こしてしまう・・・
そのため、ぎっくり腰や筋筋膜性腰痛は一般の方はもちろん、アスリートでも起こることがあります。※くしゃみなどで起こしてしまう事があります。

良い姿勢を意識する事、疲労回復に努めることは皆さんの意識次第で変えられると思います。
ぎっくり腰、筋筋膜性腰痛でお悩みの方、身体の動作不良を整えるための矯正をご希望の方は、当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。