TEL

中足骨疲労骨折 | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

中足骨疲労骨折

中足骨疲労骨折とは・・・

まず、「疲労骨折」とは、1回の大きな外力が加わっておこる一般的にいう「骨折」とは違い、身体の一部分に、小さな外力が繰り返しかかることで起こるものです。
「はりがね」を想像してみてください。
「はりがね」は「曲げる・伸ばす」という力を繰り返し加えることで、最終的には折れてしまいます。疲労骨折はこの現象と同じような現象です。

原因としてはランニング、ジャンプ競技などにより足部(中足骨)に繰り返しかかる負荷により骨折を引き起こしてしまいます。(※オーバーユース)

起こりやすい場所は、
第2中足骨(マラソンランナーなど)
第5中足骨(サッカー選手に多く見られ「Jones骨折」と言われている。※難治性)

痛みを感じるようになってから数週間後に、うっすら腫れが出たり、レントゲン検査で分かることもあります。

足部に痛みを感じ、中足骨疲労骨折が疑われる方は無理をせず、当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。