TEL

筋肉の断裂(ランニングにおける不調)について | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 患者様の役に立つ話・豆知識 > 筋肉の断裂(ランニングにおける不調)について

筋肉の断裂(ランニングにおける不調)について

2017.10.24 | Category: 患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はランニングにおける不調の一つ 

 

    

筋肉が断裂すること

 

 

についてお話しさせて頂きます。

 

 

ジョギング・ランニングをすることにより起こしやすい場所は主に「下肢」です。

 

 

 

 

短距離走では

 

大腿部(ハムストリングス)  >  下腿部(下腿三頭筋)

 

 

ジョギング・ランニングでは

 

下腿部(下腿三頭筋)  >  大腿部(ハムストリングス)

 

 

という傾向にあります。

 

 

重度はⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分類されます。

 

Ⅰ度(軽度)

部分的に断裂しているが非常に軽い状態。

痛みはあるが自力歩行可能。

 

Ⅱ度(中度)

筋繊維の部分断裂・筋膜の損傷・皮下出血など。

自力歩行が困難。

 

Ⅲ度(重度)

筋繊維の断裂が大きい・深い。

圧痛が顕著な痛いところにの凹み(陥凹)が確認できる。

自力歩行はほぼ不可能。

 

 

発生原因は筋肉の瞬間的な収縮が過度に行われることによって「筋細胞」「筋膜」が急激に引き伸ばされ断裂を起こす事が原因です。

 

 

人間の筋肉や腱は年齢を重ねるごとに柔軟性・弾力性が低下していきます。

 

 

柔軟性・弾力性が低下している成人の筋肉に瞬間的な筋収縮が起こり、不調を起こしやすい傾向にあることも原因として挙げられます。

 

 

また、水分・ミネラル不足で足がつってしまうことで起こしてしまうこともあります。

※ 筋肉がつるとき、瞬間的な筋収縮が起こります。

 

 

もし、不調を起こしてしまった場合は、先日お話した「RICE処置」を行いましょう。

 

 

また競技復帰までの目安は

 

軽度(Ⅰ度レベル)  →  2週間程度 ~

中度(Ⅱ度レベル)  →  1~2ヶ月程度 ~

重度(Ⅲ度レベル)  →  3ヶ月以上 ~

 

通常は、上記以上の期間が必要になります。

 

 

 

このような不調を起こさないために、日頃から「運動前後にストレッチを行う」、「運動後はRICE処置を行う」などセルフメンテナンスはもちろん、マッサージやコンデショニングをして筋肉を柔らかく保つなど、身体のメンテナンスをしっかり行い怪我をしにくい体づくりをしましょう。

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717