TEL

Blog記事一覧 > 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識 > 腸脛靭帯炎・ランナーズ ニー(ランニング障害について)

腸脛靭帯炎・ランナーズ ニー(ランニング障害について)

2017.11.06 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はランニング障害の一つ

 

 

「腸脛靭帯炎・ランナーズニー」

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

腸脛靭帯は大腿部(太もも)の外側にある筋肉(靭帯)で、元となる部分は「大腿筋膜張筋」といって臀部(お尻)にある筋肉で、膝の外側にある「大腿骨外側上顆」を越えて脛骨粗面(下腿部)の外側にある結節(Gerdy結節)に付着する固い結合組織性の被膜です。

 

 

よって、股関節、膝をまたぐ形で走行している筋肉(二関節筋)です。

 

 

膝関節は屈曲・伸展という動きをします。

 

 

膝関節屈曲・伸展という動きの中での大腿筋膜張筋(腸脛靭帯)の働き方は、筋肉の走行と膝関節屈伸軸の関係上以下の通りになります。

 

 

45度屈曲位より伸展域  →  膝伸展に作用

45度屈曲位より屈曲域  →  膝屈曲に作用

 

 

また、膝関節は

 

 

屈曲時  →  内旋

伸展時  →  外旋

 

 

という動きをします。

 

 

そのため膝関節が屈曲すると腸脛靭帯は大腿骨外側上顆に押し付けられるかたちでの摩擦抵抗が発生します。

 

 

「腸脛靭帯炎・ランナーズニー」はこの摩擦刺激が繰り返し起こることにより痛みを発してしまう「ランニング障害」です。

 

 

腸脛靭帯炎・ランナーズニーになってしまった場合、

 

スクワット等の筋トレ

 

テーピングやサポーターをして痛みを緩和し無理して走ること

 

痛み止めやシップ等を使用し走ること

 

患部(痛みのある部分)への強刺激でのマッサージなど

 

無理な負荷をかけるストレッチ

 

痛みが出ない程度で走る

 

 

などのことを続けていると症状が悪化することがあります。

 

 

腸脛靭帯炎・ランナーズニーを発症した場合は安静にする・ランニングフォームを見直す(改善する)・姿勢改善など無理に走ったりしないことをお勧めします。

 

 

決して無理をせず、専門家へ相談しましょう。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は「腸脛靭帯炎」を含むランニング障害の治療を得意としており、八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日