TEL

大腿骨疲労骨折(ランニング障害)について

2017.11.07 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

ランニング障害・スポーツ障害として起こる疲労骨折は「下肢」に多く見られます。

 

 

その中の「大腿骨(太もも)」の疲労骨折についてお話させていただきます。

 

 

なぜ大腿骨(太もも)のような太くて折れそうもない骨が折れてしまうのか・・・

 

 

同じ個所に体重負荷が繰り返しかかっているとストレスがかかり疲労骨折は起こります。

 

 

陸上の長距離選手に多くみられるケガで、その他のスポーツでも、走ることが多いスポーツやトレーニングで走り込みを続けることで発生するといわれています。

 

 

ではどの部分で起こりやすいのか・・・

 

 

 

 

〇で囲まれた部分が大腿骨疲労骨折の好発部位です。

 

 

 

大腿骨の形状は正面から見ると外側に反っていて、側面から見ると前に反って体重を支えている構造になっています。

 

 

 

また

 

赤い線 : 体重負荷

青い線 : 床反力

黄色線 : 内転筋群の張力

 

 

というような力学的なストレスがかかるために疲労骨折を起こしやすい要因となっています。

 

 

大腿骨疲労骨折を発症した場合スポーツを中止(4~6週程度)・競技復帰は発症から2~3ヶ月程度を目安に治療・リハビリを行っていきます。

 

 

発症してしまうと競技復帰までに時間をようするため、走ると足が痛い・太ももが痛い・体重をかけると膝が痛いなどの症状が見られたら決して無理はせず専門機関まで相談するようにしましょう。

 

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日