TEL

Blog記事一覧 > 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識 > コンパートメント症候群(スポーツ障害・ランニング障害)について

コンパートメント症候群(スポーツ障害・ランニング障害)について

2017.11.30 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

 

ランニングをしていて「すねの外側」が痛くなることはありませんか?

 

 

今回は

 

 

<コンパートメント症候群>

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

 

コンパートメント症候群・・・

 

 

聞きなれない言葉かもしれません・・・

 

 

日本語にすると「区画症候群」もしくは「筋区画症候群」になります。

 

 

 

コンパートメント(区画、筋区画)とはなにか・・・

 

 

筋肉は「筋膜」に覆われており、人間の体で複数の筋肉が存在する部分(上肢や下肢など)では、骨や各筋肉(筋膜)などによって区切られています。

 

 

骨や筋肉(筋膜)によって区切られていて、その区切られた区画(仕切り)のことを言います。

 

 

その区画には筋肉のほか、神経や血管が通ることも・・・

 

 

 

その部分で外傷(骨折や打撲など)が起こり、筋肉やその他組織が腫れてしまったりして、コンパートメント部分の圧力が上がってしまうものは「急性型」、ランニングや水泳など同じ動作を繰り返すスポーツをされている方に起こるものを「慢性型」といいます。

※ 急性型は外傷(骨折や打撲など)後のギプス固定や包帯固定時の圧迫によっても起こることがあります。

※ 急性型は循環障害を起こす事があり、最悪の場合は筋肉が壊死するため注意が必要です。

 

 

 

ランニングをしているとすねの前の外側(前脛骨筋)が痛くなることが多く、この部分はコンパートメント症候群の好発部位で

「前方コンパートメント障害」といい、その他「側方コンパートメント障害」「浅後方コンパートメント障害」「深後方コンパートメント障害」があります。

 

 

 

ランニングで起こりやすい慢性型の症状としては

 

運動時の痛み

 

下腿部の緊張感

 

などの症状が見られます。

 

 

オーバーユースにより発症してしまう事が多いため、もし発症してしまった場合は練習量を見直すなど無理をしないようにしてください。

 

 

また、コンパートメント症候群では、関節や筋肉の柔軟性低下や筋力低下がみられることが多いです。

 

 

コンパートメント症候群を起こさないためにもコンデショニング治療などのメンテナンスや、筋力トレーニング・ストレッチなどのセルフメンテナンスをしっかり行いましょう。

 

 

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日