TEL

足の裏の痛み・かかとの痛み | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 「下肢(足)」の症状などについての話 > 足の裏の痛み・かかとの痛み

足の裏の痛み・かかとの痛み

2018.10.22 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛み、足の裏の痛み、かかとの痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院 『大野』です。

 

秋も深まり、足もとが、冷えてくる時期になってきましたね🍁

 

そこで、足の裏やかかとが痛いという状態でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は、足の裏・かかとの痛みがある足底腱膜(足底筋膜)の不調について、お話しをしていきたいと思います。

 

・朝、起きてから、1歩目が痛い。

 

・足の裏が硬いような感じがある。

 

・長い時間、立っていると足の裏に痛みやしびれがでてくる。

 

・足の裏のかかとの部分や土踏まずのあたりが痛い。

 

という不調がある場合は、足底腱膜(足底筋膜)の不調というものが疑われるかもしれません。

 

次は、足底腱膜(足底筋膜)とは、どの様なものかをお話をしていきたいと思います。

 

足底腱膜・足底筋膜は・・・

 

足の裏のかかとの骨から5本の指の付け根の骨にかけて、扇状の腱のことをいいます。

 

 

 

役割としては、

 

・足の裏のアーチを保持する。

足の甲の骨は、アーチ状(弓状)となり、体重を支える構造になっているのですが、

足底腱膜(足底筋膜)は、このアーチを弓の弦のようにピーンと張ることで支える役割

 

 

・荷重時に衝撃を吸収する

地面に足が接地し、荷重が加わったときに、地面からの衝撃を吸収するクッションの役割

 

 

この足底腱膜(足底筋膜)に繰り返し負荷がかかると、その部分に不調や小さい断裂が繰り返し起こることでかかとや足の裏に痛みがでるということになります。

 

次は、足底腱膜(足底筋膜)の痛みの原因について、お話しをさせていただきたいと思います。

 

足底腱膜(足底筋膜)の痛みの原因は、1つだけではなく、複数あります。

 

・スポーツによる足の使いすぎ

・長時間の立ち仕事

・加齢による筋力低下

・足首の関節が固い

・肥満体型

・靴の不具合(クッション性がない靴)

 

足底腱膜(足底筋膜)にかかる負荷は、2つあります。

 

・圧迫力

足の裏にかかる荷重や足が着地した時の衝撃のことをいいます。

 

 

・牽引力

足を蹴り出す時に引っ張られる力のことをいいます。

 

 

これらの負荷が動作や状況によりかかることで痛みがでるということになります。

 

次は、足底腱膜(足底筋膜)の痛みのみられる不調について、お話していきたいと思います。

 

足底腱膜(足底筋膜)の痛みのみられる不調は・・・

 

・朝、起きてから一歩目の痛み

・かかと付近の痛みと土踏まず(足の裏の中央)の痛み

 

 

・長時間、立つと足裏に痛みやしびれ

・長く歩いたり、走ると足裏が痛くなる

・足が地面に着く瞬間に足の裏に痛み

・立っている時に硬い感じがあり、1日の終わりに痛みがひどくなる

 

更に悪化してしまうと・・・

・踵骨棘ができる

(踵骨につく足底腱膜(足底筋膜)が破綻し、骨に変化する)

・痛みを伴うシコリができる

・安静にしていても足裏が痛む

 

といった不調が足底腱膜(足底筋膜)の痛みには、あります。

 

このような不調がみられる方は、早めの検査、施術を受けることをお勧めします。

 

次は、足底腱膜(足底筋膜)の痛みの対処法について、お話をしていきたいと思います。

 

足底腱膜(足底筋膜)の痛みの対処法は・・・

 

・まずは、安静にする(痛みがある場合は、アイシングを行う)

 

・ストレッチを行う

(足底腱膜(足底筋膜)やアキレス腱の柔軟性を高めることで負荷が減る)

 

・靴やインソールの変更

(足の裏の衝撃を吸収するクッション性のある靴を履いたり、インソールを装着することで、足の裏にかかる圧力を和らげ、分散させ、足底腱膜(足底筋膜)への負荷が軽減される)

 

・プールで歩行や水泳や自転車

(足底に負荷がかからず、心肺持久力の低下を防ぎ、体力を落としたくない方には、こちらがオススメです)

 

ここからは、足底腱膜(足底筋膜)の痛みの対処法に有効なストレッチのお話しをさせていただきたいと思います。

 

足底腱膜(足底筋膜)の痛みの対処法に有効なストレッチを2つ、ご紹介します。

 

・足底筋

・下腿三頭筋

 

の2つになります。

 

まずは、足底筋のストレッチです。

 

・足の指を伸ばし、足首を反らして、足の裏を20~30秒伸ばすようにします。

 

次に、下腿三頭筋と言われるふくらはぎの筋肉のストレッチです。

 

 

・足底筋のストレッチを行う要領で、ゆっくりと膝を伸ばし、足裏からふくらはぎを30秒、伸ばしていきます。

 

そこで足の裏やかかとが痛いのに、なぜふくらはぎのストレッチを行うのだろうと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで、なぜ、ふくらはぎをストレッチを行うと足底腱膜(足底筋膜)の痛みの予防に有効なのかをお話させていただきます。

 

足底腱膜(足底筋膜)は、かかとの骨を介して、アキレス腱やふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋) とつながっています。

 

 

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)は、腓腹筋とヒラメ筋の2種類の筋肉のことを意味します。

 

 

このアキレス腱やふくらはぎ(下腿三頭筋)が固くなると・・・

 

足首の背屈の可動域が減り、体重が後ろの方にかかりやすくなります。

 

そうなると、足底腱膜(足底筋膜)への負荷がかかり、痛みが起こるということになります。

 

ということで‼︎!

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)のストレッチを行い、柔軟にしておくということが、重要となります。

 

次は、足底腱膜(足底筋膜)の予防について、お話していきたいと思います。

 

・まずは、この前からお話している足底、下腿三頭筋のストレッチを日頃から行う。

 

 

・靴やインソールの変更も行うと更に予防になります。

・筋力を維持・向上の為に、タオルギャザー運動を取り入れる。

タオルを地面に敷き、足を上に置いて、足の指でタオルを握る(掴む)。

 

 

・竹踏みやゴルフボールを利用し、足裏をほぐす。

・なるべく、芝や土の上を歩いたり、走ったりする。

 

ということが足底腱膜(足底筋膜)の予防に良いとされています。

 

ぜひ、日常生活に取り入れてみてはいかがですか?

 

たかはし鍼灸整骨院では、足底腱膜(足底筋膜)の施術も行っております。

 

足底腱膜( 足底筋膜)は、かかとの痛みだけでなく、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)も関係しているため、筋肉のハリや使いすぎといったことだけではなく、姿勢が悪いことが原因で、身体の歪みや骨盤の歪みが生じ、肩のコリ・腰の痛みになり、足の使い方に問題がある場合や、自律神経の乱れなども関係しているため、ストレッチやトレーニングといったセルフケアだけでは回復されない場合があります。

当院では、足底腱膜(足底筋膜)によるかかとの痛みを軽減させていく施術として、電気を用いた施術を行い痛みのある部分の痛みや周辺の筋肉を柔らかくし、鍼 やSSPを用いて施術を行い、自律神経を整え、身体の土台となる骨盤に骨盤矯正を行うことで身体の歪みや骨盤のズレを調整し、姿勢の悪さを整えていき、超音波 やハイボルテージ ・マイクロカレント も併用することで足底腱膜 (足底筋膜 )によるかかとの痛みも回復していきます。

 

腰の痛み、肩の痛み、背中の張り、肩の凝り、足の裏の痛み、かかとの痛み、交通事故によるむち打ちなど、八千代中央駅近辺で施術院をお探しの方は是非、お気軽にお問い合わせ、ご来院下さい。

各種健康保険取扱、労災、交通事故対応取扱/口コミで評判・オススメになっている安心・安全の整骨院です。

 

当院では交通事故対応を随時受け付けしております。

整骨院でも交通事故に遭われた方に対し

自賠責保険や自動車保険を用いての施術が認められてます。

整形外科への通院と同じ慰謝料基準で算定されます。

窓口負担は0円 です。

事故対応に少しでも不安や気になる点をお持ちの方は、一度お気軽にお問い合わせ下さい。

「事故に遭ってしまったので相談したい」とお伝え頂ければ大丈夫です!

 

また、当院では労災保険も適用されます。

労災の方は窓口負担0円(負担金は無し)です。

通勤中や業務中に怪我をして体を痛めた際には

労災保険を適用する事が可能なので、お気軽にお問い合わせ下さい。

労災に必要な書類・手続き等も含めアドバイスさせて頂きます。

不安な点や疑問点などお気軽にお問い合わせください

 

「通勤中(業務中)怪我をしてしまったので相談したい」とお伝え下されば大丈夫です!

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛み、かかとの痛み、足の裏の痛みの施術の八千代市・たかはし鍼灸整骨院は勝田台・村上・八千代中央・八千代緑が丘・船橋日大前・北習志野・飯山満・東海神・西船橋など東葉高速鉄道や、八千代台・大和田・実籾・大久保・京成津田沼・志津、ユーカリが丘・うすい、佐倉など京成線からのアクセスが良く、八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市、佐倉市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」「労災」など、どの様な事でも構いません。

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応・マッサージ・整体・指圧

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717