TEL

Blog記事一覧 > 交通事故関連 > 交通事故に遭ってしまった場合に受けられる保障を知ってますか?

交通事故に遭ってしまった場合に受けられる保障を知ってますか?

2018.10.11 | Category: 交通事故関連

 

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

もし交通事故に遭ってしまい被害者となり身体面、経済面で損害を被る場合があります。

 

 

その場合、「損害賠償請求」として損害賠償金を請求できるのをご存知ですか?

 

 

ではここで被害者が損害賠償として請求できるものについてお話させて頂きます。

 

交通事故の損害賠償は大きく分けて以下の4つとなります。

1、積極損害

2、消極損害

3、慰謝料

4、物的損害

 

 

積極損害、消極損害など難しい言葉が使われているのでわかりやすく解説していきたいと思います。

 

⑴ 積極損害とは

交通事故によるケガで病院や整骨院などの医療機関の受診・入院・通院費など交通事故が原因で発生した出費。

<主な費用>

診察費

治療費

リハビリ費用

手術費用

入院費・通院費

付添介護料

通院・通勤交通費

葬儀費用

マッサージ費用

義足・車いす購入費    など

 

 

 

 

⑵ 消極損害とは

被害者が交通事故に遭わなければ得ることが出来た利益の損害のことを言います。

例えば交通事故に遭ったことで仕事を休んで収入が減った・・・など

 

<主な費用>

1、休業損害

2、逸失利益

 

1、休業損害とは

上記させて頂いたように「交通事故に遭ったことで仕事を休んだ」「交通事故に遭ったことでケガをしてしまい入院・通院で仕事を休んだ」など交通事故被害者にならなければ得られたであろう利益の損害のことを言います。

この場合、自賠責保険における「休業損害の計算式」は以下の通りとなります。

5700円 × 休業日数 = 休業損害

 

2、逸失利益とは

交通事故に遭わなければ「本来もらえたであろう将来の収入」が減少してしまったことに対する損害のことを言うのですが???となるでしょう・・・

例えば、交通事故に遭ったことで腕や足を切断してしまった場合、後遺障害として認められ、労働能力の喪失が認められます。

交通事故に遭い、労働能力が喪失したことで「本来もらえたであろう将来の収入が減少した」ことに対する損害のことを言います。

 

ということでこの「逸失利益」は「後遺障害による逸失利益」「死亡事故による逸失利益」があり「基礎収入の算定」「労働能力喪失率の算定」「労働能力喪失期間の設定」「生活費控除率の設定」の4つの計算を行い算定されていきます。

 

 

 

 

⑶ 慰謝料とは

交通事故によって被った「精神的苦痛・肉体的苦痛」に対して支払われるものを言います。

 

<慰謝料の種類>

1、入院・通院慰謝料

2、後遺障害慰謝料

3、死亡慰謝料

 

1、入院・通院慰謝料について

入院・通院慰謝料の計算は以下の計算式を用いて算定されます。

 

・ 治療期間 ( 入院期間 + 通院期間 )

・ 実通院日数 ( 入院日数 + 通院日数 ) × 2

 

この計算方式は「自賠責保険の基準」による計算方式となります。

目安、基準として頂くと良いでしょう。

 

 

2、後遺障害慰謝料について

交通事故が原因で後遺症を負った際に請求できることとなっており、後遺症(症状)の種類や重さ(等級)によって決まっています。

この後遺障害慰謝料の等級は「第1級~第14級」に分類されており、第1級が後遺障害として最も高い等級で、第14級が最も低い等級となります。

尚、後遺障害慰謝料を請求する場合は、後遺障害等級の認定申請を行い、後遺症認定を受けたうえでの請求となります。

※ 等級により保証される金額は変わります。

後遺障害慰謝料について詳しく知りたい方は、「法律事務所」もしくは「たかはし鍼灸整骨院」までご相談ください。

 

 

3、死亡慰謝料について

交通事故で被害者が死亡した場合、被害者が死亡したことに対する精神的苦痛・被害者の親族が被った精神的苦痛を慰謝する補償ものです。

 

 

 

 

⑷ 物的損害とは

交通事故によって物が壊れてしまった場合の損害のことを言います。

 

・ 車の修理費

 ※ 交通事故により損壊した車両が修理可能な場合、修理費用に相当する金額を請求できる。

 

・経済的全損

 ※ 経済的全損とは交通事故で壊れた車の修理代が車の時価額(価値)を超える場合を言います。

   年式の古い車や走行距離の多い車の時価額(価値)は低いと考えられます。

   このような車が交通事故で壊れた場合の修理費用は高くなることが考えられます。

   この場合、法律上では加害者側は時価額を超えるような修理費用を負担する必要は無いという考えになることも・・・

 

・買い替え費用

 ※ 交通事故で壊れた車の修理が不能とのことで、新しい車に買い替える場合は「登録手数料・租税公課・廃車費用」などし車の買い替えにかかる費用を損害として請求することが可能となります。

 

・代車使用料

 ※ 交通事故により壊れた車の修理や買い替えまでに代車を利用した場合、代車の使用代金を請求することが出来ます。

  ( 代車費用は「修理にかかる相当期間」が認められます。 )

 

・積荷損害

 ※ 車本体のみでなく車内の物品(カーナビゲーションなど)や積んでいた物が壊れてしまった場合、物的損害として請求することが出来ます。

 

 

交通事故に遭ってしまった場合に受けられる保障について簡単にお話させて頂きました。

 

 

交通事故で加害者になってしまった場合は保険会社に連絡をとり、被害者との対応を保険会社の担当者が行うことが多いと思います。

ですが、交通事故に遭って被害者になってしまった場合、保険会社の担当者と直接やり取りをすることとなります。

そんな時、このような保障を受けられることを知っておくと保険会社とのお話し合いを円滑に進めることが出来るのではないでしょうか・・・

ただ、気が動転していたり、書類の多さや、専門用語が多くなることで理解できないことがあると思います。

もし、分からないことがありましたら八千代市・八千代中央駅前にあります「たかはし鍼灸整骨院」までお気軽にご相談ください。

 

 

八千代市・八千代中央駅前にあります「たかはし鍼灸整骨院」は各種健康保険取扱、労災、交通事故治療取扱/口コミで評判・オススメになっている安心・安全の整骨院です。

 

 

当院では交通事故治療を随時受け付けしております。

 整骨院でも交通事故に遭われた方に対し

自賠責保険や自動車保険を用いての治療が認められてます。

 整形外科への通院と同じ慰謝料基準で算定されます。

 窓口負担は0円での診療です。

 事故治療に少しでも不安や気になる点をお持ちの方は、一度お気軽にお問い合わせ下さい。

「事故に遭ってしまったので相談したい」とお伝え頂ければ大丈夫です!

 

 

 

 

また、当院では労災保険も適用されます。

 労災の方は窓口負担0円(負担金は無し)です。

 通勤中や業務中に怪我をして体を痛めた際には

労災保険を適用する事が可能なので、お気軽にお問い合わせ下さい。

労災に必要な書類・手続き等も含めアドバイスさせて頂きます。

 不安な点や疑問点などお気軽にお問い合わせくださいませ☆

 

「通勤中(業務中)怪我をしてしまったので相談したい」とお伝え下されば大丈夫です!

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・たかはし鍼灸整骨院は勝田台・村上・八千代中央・八千代緑が丘・船橋日大前・北習志野・飯山満・東海神・西船橋など東葉高速鉄道や、八千代台・大和田・実籾・大久保・京成津田沼・志津、ユーカリが丘・うすい、佐倉など京成線からのアクセスが良いこともあり、交通事故治療・交通事故相談の患者様が八千代市内をはじめ、八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町や千葉市、船橋市、習志野市、佐倉市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」「労災」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療・むちうち治療・マッサージ・整体・指圧

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日