TEL

Blog記事一覧 > 「首・肩」の症状などについての話 > 「肩こり」はどのような原因で起こるか・・・

「肩こり」はどのような原因で起こるか・・・

2018.10.31 | Category: 「首・肩」の症状などについての話

 

おはようございます。

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回は 「 肩こり(かたこり・肩凝り) 」がどのような原因で起こりやすくなるのか・・・

簡単にお話させて頂きたいと思います。

 

 

前回、肩こり(かたこり・肩凝り)についてお話させて頂いたとき、首から肩、肩甲骨付近までの範囲に「詰まった感じ・こわばった感じ・不快感・凝り感・重苦しい」などの症状が出現し、症状がひどくなると「痛み・頭痛・吐き気」などと訴える人もいると、お話させて頂きました。

 

 

この肩こり(かたこり・肩凝り)が出現する「首から肩、肩甲骨付近の範囲」・・・

 

 

そこには 「 僧帽筋(そうぼうきん) 」という筋肉がぴったり当てはまる形で存在します。

 

 

上手ではないですが・・・絵をかいてみました。

 

赤い部分が「僧帽筋」になります。

 

 

もちろん、この「僧帽筋」以外にも肩こり(かたこり・肩凝り)に関係する筋肉はありますが、この赤い部分(首から肩、肩甲骨付近)に「詰まった感じ・こわばった感じ・不快感・凝り感・重苦しい」などの肩こり(かたこり・肩凝り)症状が現れることになります。

 

 

ではここからが本題です。

 

 

肩こり(かたこり・肩凝り)の原因は???といいますと・・・

 

 

姿勢の悪さ

筋肉の使い方

冷え

 

 

などの原因が挙げられます。

 

 

<姿勢の悪さ>

長時間、首、肩、背中が緊張する姿勢

猫背

前かがみ

足を組んで座る   など

 

例えば・・・

重たい荷物を片手でもしくは両手に持つ

背中を丸めてパソコンを長時間する

背中を丸めてスマホをいじる

編み物を長時間行う

読書をする

 

など姿勢を想像して頂くと、重たい頭が下に下がるような姿勢になりますね・・・

その重い頭を筋肉によって支えることになります。

 

 

<筋肉の使い方>

ショルダーバッグを片側に持ってしまう

片足に重心を乗せてしまう

足を組んで座る   など

 

例えば・・・

重たいショルダーバッグを片側に持つと、持っている側の方の筋肉は過剰に働き、持っていない側は身体が傾かないよう支える形で働きます。

また、足を組んで座る・片足に重心を乗せるなどの姿勢は、身体の傾きに対して支えとして働く筋肉と、休む筋肉との差が生まれます。

 

 

<冷え>

冷房(温度設定が低い・直接当たる  など)

 

冷房が直接当たると肩が冷えますね・・・

また、設定温度が低いと体が冷え血行が悪くなります。

 

 

 

このような原因により頭や腕を支える「僧帽筋」や、その周囲の筋肉「肩甲挙筋・菱形筋・板状筋・脊柱起立筋・上後鋸筋」などの緊張が持続的に起こり筋肉が硬くなります。

 

 

筋肉が硬くなることにより循環障害が起こる。

 

 

循環障害は「冷え」でも起こります。

 

 

循環障害が起こることで酸素や栄養の供給が出来ず、疲労物質がたまりやすくなり、疲労物質がたまる事で刺激となり「肩こり(かたこり・肩凝り)」を起こす・・・

 

 

すべてが悪循環になってしまう事で、肩こり(かたこり・肩凝り)という症状を生んでしまいます。。。

 

 

 

 

ちなみに この 「 肩こり(かたこり・肩凝り) 」

 

 

原発性肩こり

症候性肩こり

 

 

の「2種類」あると言われてます。

 

 

 

「原発性肩こり」とは・・・

筋肉を包む「筋膜」が原因となるものです。

筋肉は、身体の表面に近い(浅い)部分と深い部分に存在します。

筋膜とは、各筋肉を包むもの・区分けするものですが、各筋肉が動くときに、筋肉同士の動きがスムーズに出るために働くという役割もあります。

この筋膜の動きがスムーズに行えない状態に発生する「肩こり(かたこり・肩凝り)」を「原発性肩こり」といいます。

 

 

 

一方、「症候性肩こり」とは・・・

頚椎症・心因性・眼の疾患・肩関節の疾患・心臓や肺などの疾患・歯や顎関節の疾患・耳鼻科疾患・自律神経の失調などに起こる「肩こり(かたこり・肩凝り)」を「症候性肩こり」といいます。

交通事故による「むちうち」や、コンタクトスポーツなどで起こる「むちうち」など頸椎捻挫を起こしてしまった場合にも「肩こり(かたこり・肩凝り)」を発症する場合があります。

 

 

肩こり(かたこり・肩凝り)は、厚生労働省が行う国民生活基礎調査の有訴者率で男女ともに上位( 男:2位  女:1位 )を占める症状です。

 

 

それだけ多くの方が悩まれている「肩こり(かたこり・肩凝り)」には、鍼治療・電気療法・骨盤矯正・マッサージなどが効果的です。

 

 

肩凝りはもちろん、交通事故による「むちうち」や、その他、腰痛、寝違え、肩の痛み、背中の張り、足の肉離れ、捻挫、八千代中央駅近辺で治療院をお探しの方は、是非、鍼治療・電気療法・骨盤矯正・マッサージ治療などを行う 八千代市・八千代中央駅前「たかはし鍼灸整骨院」までお気軽にお問い合わせ、ご来院下さい。

 

 

八千代市・八千代中央駅前「たかはし鍼灸整骨院」は、各種健康保険取扱、労災、交通事故治療取扱/口コミで評判・オススメになっている安心・安全の整骨院です。

 

 

当院では交通事故治療を随時受け付けしております。

 整骨院でも交通事故に遭われた方に対し

自賠責保険や自動車保険を用いての治療が認められてます。

 整形外科への通院と同じ慰謝料基準で算定されます。

 窓口負担は0円での診療です。

 事故治療に少しでも不安や気になる点をお持ちの方は、一度お気軽にお問い合わせ下さい。

「事故に遭ってしまったので相談したい」とお伝え頂ければ大丈夫です!

 

 

 

 

また、当院では労災保険も適用されます。

 労災の方は窓口負担0円(負担金は無し)です。

 通勤中や業務中に怪我をして体を痛めた際には

労災保険を適用する事が可能なので、お気軽にお問い合わせ下さい。

労災に必要な書類・手続き等も含めアドバイスさせて頂きます。

 不安な点や疑問点などお気軽にお問い合わせくださいませ☆

 

「通勤中(業務中)怪我をしてしまったので相談したい」とお伝え下されば大丈夫です!

 

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の八千代市・たかはし鍼灸整骨院は勝田台・村上・八千代中央・八千代緑が丘・船橋日大前・北習志野・飯山満・東海神・西船橋など東葉高速鉄道や、八千代台・大和田・実籾・大久保・京成津田沼・志津、ユーカリが丘・うすい、佐倉など京成線からのアクセスが良く、八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市、佐倉市よりたくさんの患者様に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故治療」「交通事故治療相談」「労災」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼治療、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツ障害、首の痛み、肩こり、腰痛の治療の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼治療・骨盤矯正・スポーツ障害・交通事故治療・マッサージ・整体・指圧

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

当院へのアクセス情報

所在地〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2 澤田ビル1F
駐車場コインパーキング有
電話番号047-779-1717
予約当院は予約制ではございません。
休診日日曜、祝日