TEL

交通事故保険の種類(自賠責保険・任意保険について) | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故に遭われた方への豆知識 > 交通事故保険の種類(自賠責保険・任意保険について)

交通事故保険の種類(自賠責保険・任意保険について)

2019.02.28 | Category: 交通事故に遭われた方への豆知識

交通事故に遭ってしまった場合には以下の保険から各補償を受けることが出来ます。
 1、 自賠責保険

2、 任意保険

 

1、 自賠責保険について

自賠責保険とは何か・・・

自動車免許をお持ちの方・自動車を所有している方は「自賠責保険」という保険を耳にしたことがあると思います。

この自賠責保険は自動車購入時や車検時に加入する保険で、「強制保険」ともいわれています。

この自賠責保険、自動車を所有するに当たり強制的に加入しなければいけないものなので、もし自賠責保険に加入していない場合は自動車のナンバーが発行されない事になります。

 

では、自賠責保険は、なぜ強制保険なのか・・・

それは、交通事故が起きてしまい怪我をさせてしまった場合・交通事故を起こしてし怪我をさせてしまった場合の「被害者を救済するための保険」だからです。

 

もし交通事故に遭い、むち打ちなどのケガをしてしまったなどの被害にあった場合に、最低限の損害賠償補償を受けることが出来ますが、加害運転者自身のケガなどは対象になりません。

 

この自賠責保険、自動車検査登録制度のある自動車や250cc以上のオートバイを所有する場合、購入時・継続検査の際に新しく交付される車検証の有効期限を満たす自動車損害賠償保険証明書を提示しなければ車検証の有効期限を更新が出来ないことになっています。

 

上記しましたが車検証を発行されていない自動車は、自動車ナンバーは発行されないこととなります。

 

また250cc以下のオートバイはコンビニエンスストア・郵便局で契約することができ、契約期間を1年から5年までの期間を選んで契約することが出来ます。

(※契約期間が長いほど1年あたりの単価は安くなります)

 

 

もし、自賠責保険に加入しないまま、自動車や原動機付自転車を運転した場合は無保険運行となり、運転免許証の取り消しや停止などの行政処分を受けることとなります。

(1年以下の懲役または50慢円以下の罰金 ・ 違反点数6点減点)

 

このように自賠責保険は、相手の方にむち打ちなどのケガを負わせてしまった場合の補償制度(被害者を救済するもの)であることはもちろん、未加入の場合は自分自身にも罰則が科せられます。

 

<補償内容について>

自賠責保険の補償は

 施術費・・・むち打ちなどのケガに対しての施術で、実際にかかった必要妥当な範囲

 交通費・・・バス・電車など公共交通機関を利用した場合の実費

       自家用車等を利用した場合は1キロ当たり15円で換算

 休業損害・・・交通事故のケガによって入院したしまった入院期間

        通院による欠勤・遅刻・早退

        ケガにより仕事が出来なかった期間

        交通事故の影響でボーナスが減った場合

      ※ 有給休暇を消化した場合にも休業補償は請求可能

 慰謝料・・・傷害慰謝料・入院慰謝料(むち打ちなど怪我をしてしまった場合)

       死亡慰謝料(交通事故により死亡してしまった場合)

       後遺慰謝料(後遺的なケガが残ってしまった場合)

 

このような状況に当てはまる場合は自賠責保険に請求することが出来ます。

物損事故は自賠責保険に請求するのではなく任意保険に請求することになります。

ここで出てきた任意保険については後日お話させて頂きたいと思います。

このように自賠責保険は被害者を救済するための保険です。

 

 

2、 任意保険

任意保険とは何か・・・

任意保険とは文字の通り任意で加入する保険です。

この任意保険は、強制保険といわれる、国土交通省管轄の自賠責保険と違い、民間の保険会社が行っています。

 

「自賠責保険」は交通事故に遭われ「むち打ちなどのケガをしてしまった」など「人身事故」に対してのみの補償で、上限額は定められています。

任意保険は自賠責保険でカバーできない部分を補う保険となります。

 

<任意保険が対象となるもの>

自賠責保険で決められた上限額を超えた分

むち打ちなどのけが人がいない「物損事故」(車の修理費など・・・)

 

交通事故の加害者側になってしまった場合は、任意保険会社に連絡を入れることで、任意保険会社の担当者が被害者側との窓口となり、交通事故後の対応をしてもらえるため、加害者となってしまった場合は有難いかもしれませんが、もし交通事故に遭い「むち打ちなどのケガをしてしまった」などの「被害者」となってしまった場合、任意保険会社の担当者とのやりとりをしないといけなくなるため、この違いを理解しているだけでも対応しやすくなるのではないかと思います。

 

ただ、この「任意保険」は、あくまで「任意加入」なので自動車を運転している人の中には加入していないという場合もあるかもしれません。

もし加害者側が任意保険未加入の場合は、自賠責保険のみでの対応となり、自賠責保険で補えなかった補償は加害者側に請求することとなります。