TEL

足の痛み・足の親指の裏の痛み:拇趾種子骨の痛み(スポーツ・ランニングにおける不調)について | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2017 12月の記事一覧

足の痛み・足の親指の裏の痛み:拇趾種子骨の痛み(スポーツ・ランニングにおける不調)について

2017.12.22 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はスポーツ・ランニングにおける不調の一つで足の痛み・足の裏の痛み・足の親指裏の痛みを発する

 

 

拇趾種子骨の痛み

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

拇趾種子骨とは足の裏の親指の付け根の裏側にあります。(※写真の赤い〇で囲まれた部分)

 

 

 

 

足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏の痛みはなぜ起こるのか・・・

 

 

写真の赤い丸の部分、種子骨は種のような形をした骨が2個あります。

 

 

この種子骨の周りに筋肉や腱が集まっており、筋肉や腱が効率よく動くための補助をしているのが種子骨です。

 

 

歩いたり走ったりと足を蹴り出すときに、足の裏の筋肉(足底筋)は緊張して種子骨には引っ張られる力が加わります。

 

 

この牽引力によって種子骨に不調が起こり足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏の痛みを発してしまいます。

 

 

また、生まれつき内側の種子骨が2つに分裂している(分裂種子骨)場合があり、この場合も痛みの原因となっている場合があります。

 

 

そのほかに、土踏まずがしっかりしている足の甲が高い(ハイアーチ)足をしている人に多く見られる傾向にあります。

 

 

足の痛み・足の裏の痛み・足の親指の裏を発する種子骨の不調を発生してしまった場合、痛みが強い場合は運動を休止し、足の裏にかかる衝撃や負担を軽減するために柔らかい素材でできているパッドを拇趾球の部分をくり抜くなどして利用するのも良いでしょう。

 

足の裏(足底筋)に硬さがみられる場合は、足の裏の柔軟性を取り戻すためのリハビリテーションを行うようにしていきましょう。

 

 

リハビリテーションの仕方がわからない場合はもちろんですが、専門家への相談は大切なことです。

 

 

専門家への相談も忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

足の痛み・足の裏の痛み:足底筋膜・アーチの不調(スポーツ・ランニングにおける不調)について

2017.12.15 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

   

今回は足の裏の痛み・足底の痛み 

  

 

足底筋膜の痛み・アーチの不調

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

 

 

皆様は「扁平足(へんぺいそく)」という言葉を聞いたことがありますか?

 

 

人間の足は

 

① 足の第1趾から踵(かかと)にかけて  →  内側アーチ

② 足の第5趾から踵(かかと)にかけて  →  外側アーチ

➂ 足の第1趾から第5趾方向にかけて   →  横アーチ

 

以上の3つのアーチ状の曲線を保っていることで衝撃を吸収することができます。

 

 

扁平足は、そのアーチ状の曲線のない状態、足の裏がひらたい状態で、土踏まずがほとんどない状態の足のことを言います。

 

 

皆様は「ハイアーチ」という言葉も聞いたことがありますか?

 

 

ハイアーチとは扁平足とは逆でアーチ状の曲線が高いものをいいます。

 

 

※ ハイアーチの人は「足趾を反らせる癖(指上げ足)」の人に多く見られます。

 

 

 

 

 

 

足底筋膜は踵の骨(踵骨)から5本の足趾の付け根(中足骨)まで扇状に広がる薄い膜状の筋肉です。

 

 

足底筋膜の働きとして「巻き上げ機構」というものがあります。

 

 

巻き上げ機構とは、足の指を反らせる(背屈)させると足底筋膜が巻き上げられ土踏まずのアーチが持ち上がることを言います。

 

 

この働きによって足部を安定させ、着地時の衝撃吸収と蹴り出し時の推進力を生み出します。

 

 

つまり、アーチが下がり土踏まずがなくなってしまうと、上記「巻き上げ機構」がうまく働かなくなり、衝撃吸収と蹴り出しサポートができなくなります。

 

 

その結果、足底筋膜に大きなストレスがかかってしまい不調が起こってしまうと考えられています。

 

 

また、アーチが下がってしまう他の原因として「距骨下関節(きょこつかかんせつ)の過回内(かかいない)」が挙げられます。

 

 

距骨下関節の過回内を簡単に説明すると踵の骨(踵骨)が内側に倒れる現象です。

 

 

この距骨下関節の過回内が起こることでアーチが下がってしまいます。

 

 

ということは、先ほどお話させていただいたように、足部の安定を維持することができず足底筋膜にストレスがかかり不調を起こしてしまう事となります。

 

 

ハイアーチは元々アーチが高い分、この過回内を起こしやすい状態とも考えられます。

 

 

このようなストレスのかかり方をすることで、足底筋膜に微細な断裂を起こし痛みを発する・・・

 

 

結果、足の裏の痛み・足底の痛みを発する足底筋膜の痛みを引き起こしてしまうこととなり、場合によっては、踵の骨(踵骨)に骨棘(こつきょく)という骨が「とげ状」に出っ張ってしまう事もあります。

 

 

 

 

また、アーチの支持に働く筋肉として「後脛骨筋」という下腿部(ふくらはぎ)にある筋肉があります。

 

 

後脛骨筋はアーチ曲線の上部の骨(舟状骨)についており、距骨下関節の過回内や、アーチの扁平化が起こると後脛骨筋が伸張され、すねの痛みや足の痛み・足首の痛みなど足底筋膜の痛み以外のランニングにおける不調を起こす原因にもなります。

 

 

このようなスポーツ・ランニングにおける不調を起こさないために日頃からストレッチやトレーニング(タオルを足の指で引き寄せるタオルギャザー)などをしっかり行ってください。

 

 

また、足の裏の痛み・足底の痛みが出てしまった場合は、練習内容の見直しやインソールを検討するなど、施術方法を含め専門家に相談しましょう。

 

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

足の痛み:第5中足骨が疲労により折れること(スポーツ・ランニングにおける不調)について

2017.12.15 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

前回、足の痛み・足の甲の痛みを発する中足骨が疲労により折れることについてお話させていただきましたが、今回は中足骨が疲労により折れるの小指側「第5中足骨」に起こるものについてお話させていただきます。

 

 

足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨が疲労により折れるものはサッカー、バスケットボール、ラクビーなど素早い動きを繰り返して行うスポーツの競技選手に多く発生します。

 

 

この第5中足骨が疲労により折れるものは難治性と言われています。

 

 

疲労により折れるものは骨への軽い衝撃などが繰り返し加わることで、骨への軽いダメージが蓄積し、生じるものです。(※オーバーユース(使いやすい)です。)

 

 

針金を何度も曲げ伸ばししていると、折れてしまう現象と同じです。

 

 

なぜ、難治性なのかというと、一度骨が治ってもスポーツを再開することで、上記記載内容のように、疲労により起こした同じ負荷が繰り返しかかり、再発してしまうからです。

 

 

疲労が蓄積する要因を取り除かないでスポーツを再開してしまうとどうなるでしょう・・・

 

 

再発してしまう確率が高くなるのはおわかりになると思います。

 

 

このような環境が難治性ということにつながるのでしょう。

 

 

 

 

 

足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨が疲労により折れることは以下のことを念頭に置き、予防できるように心がけましょう。

 

 

① 発生リスクを理解する。(選手・家族・指導者の理解が必要。)

 

② 人工芝でのトレーニングに注意・ブレードタイプのスパイクに注意する。

 

➂ 練習メニューによるシューズの使い分け。(素走りではランニングシューズを使用する。)

 

➃ 体幹・股関節周囲筋(特に股関節外転)の強化・外側荷重の更正。

 

⑤ 痛みが出たら・・・  →  検査・シューズ変更・インソール使用

 

 

 

 

しつこいようですが、足の痛み・足の甲の痛みを発する第5中足骨が疲労により折れるものは難治性です。

 

 

足の痛み・足の甲の痛みや足の外側の痛み(小指側)が出た場合決して無理をしてはいけません。

 

 

予防はもちろんのこと、必ず専門家へ相談しましょう。

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼 、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

足の痛み:中足骨が疲労により折れること(スポーツ・ランニングにおける不調)について

2017.12.15 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

  

 

今回はランニングやジャンプ動作を行うスポーツをされている方に多い「足の痛み・足の甲の痛み」

    

    

中足骨が疲労により折れること

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

中足骨が疲労により折れることはランニングやジャンプ動作による衝撃など体重負荷が長時間足のアーチに繰り返し加わることで起こるスポーツにおける不調の1つです。

 

 

一言でいえば   

 

 

「オーバーユース(使い過ぎ症候群)」   

 

 

です。

 

 

 

 

起こしやすいスポーツは

 

サッカー

ラクビー

バレーボール

陸上競技(長距離競技)・マラソン

バスケットボール

剣道

野球

 

など・・・

 

 

プロスポーツ選手だから大丈夫ということはなく、トップレベルの選手から一般競技者まで発生する可能性があります。

 

 

起こりやすい場所、好発部位は

 

① 第3中足骨

⓶ 第2中足骨

➂ 第4中足骨

➃ 第5中足骨

 

の順で起こりやすく、第1中足骨に起こるのは「まれ」です。

 

 

上記➃の「第5中足骨の疲労により折れること」は難治性の場合があります。

※ 第5中足骨の疲労により折れることについては次回以降にお話しできたらと思います。

 

 

 

みられる不調は、強い外力や明らかな外傷がなく、足の甲に痛み(足背部に痛み)を発します。

 

 

また、足・足の甲に腫脹(はれ)や熱感が起こります。

 

 

しかし、このような足の痛みや足の甲の痛みなどの不調が発生しても発生直後であれば、レントゲン検査をしても異常を認めない場合があり、1~2週間後に再度レントゲン検査を行うことで異常所見が見つかる場合が多いです。

 

 

もし、強い外力が加わったなど明らかな外傷がなく、疼痛、腫脹(はれ)、熱感などが足の甲にみられたら、ランニングなどの荷重トレーニングは中止し、の痛む部分にアイシングを行うなどの処置を行いましょう。

 

 

また、歩行時に痛みが強くみられる場合は松葉杖を使うなど免荷を心がけると良いでしょう。

 

 

発生してしまった場合、練習などを1週間程度休むと痛みが軽減することがあります。

 

 

足の痛み・足の甲の痛みが軽減したことですぐ復帰すると必ずと言ってよいほど再発する可能性が高いです。

 

 

このような足の痛み・足の甲の痛みを発するのは判断が難しいケガです。

 

 

必ず専門家の判断を仰ぐようにしましょう。

 

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故・むちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

足首・外くるぶしの痛み:腓骨筋腱の痛み(スポーツ・ランニングにおける不調)について

2017.12.15 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はスポーツ・ランニングにおける不調の一つで、外側の痛みや足首の外側の痛み、外くるぶしの痛みを発する

 

 

腓骨筋腱の痛み

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

 

腓骨筋腱の痛み・・・

 

 

これまた聞きなれない言葉かもしれませんね・・・

 

 

 

腓骨筋はどこにあるか・・・

 

 

最初に痛む場所を記載したので何となくお気付きかもしれませんが、腓骨筋は腓骨といわれる「スネ(脛骨)の外側にある細い骨」の外側にある筋肉をいいます。

 

 

その筋肉(腓骨筋)は足首のほうに向かい外果(外くるぶし)の後方を通って足の外側(小指側)に向かって走行しています。

 

 

腓骨筋腱は腓骨筋が足首付近で筋肉から腱に変わり、その腱の部分に不調が起き、外果(外くるぶし)周辺の痛みを発するものを腓骨筋の痛みといいます。

 

 

原因としては、足の外側での着地したり、地面を蹴り上げるような形で足首を使うと、過度なストレスがかかり不調を起こしてしまう事となります。

 

 

すねの外側の痛み・足首の外側の痛み・外くるぶしの痛みなど腓骨筋腱の痛みが発生して間もない時期は、痛みを我慢して運動をすることは出来ます。

 

 

不調が進んでくると、歩くだけでもいたくなり、走るなど運動することが困難になります。

 

 

 

もし、足の外側を使って重心をとるような足の使い方をしている場合、足の内側を使うことを意識すると良いでしょう。

 

 

ただ、歩行時や走行時に踵(かかと)の外側から着地することは問題ありません。

 

 

重心の移動は踵(かかと)の外側から着き、その後、拇趾球から拇趾(第1趾)を重心が抜けていく形が良いでしょう。

 

 

 

また、立っているときの姿勢で親指側を上げて立っている姿勢(足の外側で立っている姿勢)をしている場合も、腓骨筋・腓骨筋腱にストレスがかかり不調を起こしてしまう事もあります。

 

 

姿勢に気を付けるようにしてください。

 

 

上記内容のほかに、ランニングや歩行時の着地の衝撃が激しいと「腓骨筋腱」に負担がかかります。

 

 

ランニングフォームを見直し、インソールの利用やクッション性の良いシューズを選んだりと、着地をスムーズにすることを意識することで、衝撃をやわらかくすることも大切なポイントとなるでしょう。

 

 

また、腓骨筋腱の痛み(すねの外側の痛み・足首の外側の痛み・外くるぶしの痛み)を発生してしまった場合、専門家の施術はもちろん、ストレッチやRICE処置などご自身で出来るセルフメンテナンスをしっかり行ってください。

 

 

以上のことを念頭に置き、充実した楽しいスポーツライフを送れるようにしましょう。

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼・骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717

捻ることにより起こる怪我について

2017.12.12 | Category: 「下肢(足)」の症状などについての話,患者様の役に立つ話・豆知識

おはようございます。

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院です。

 

 

今回はスポーツ・ランニングにおける不調に限らず日常生活でも起こりやすい怪我

 

 

捻ることにより起こる怪我

 

 

についてお話させていただきます。

 

 

当ブログでここ何回かにわたり「スポーツ・ランニングにおける不調」についてお話させていただいていた内容で、聞きなれない言葉が多かったかもしれませんが「捻って怪我をする」は聞きなれているのではないでしょうか・・・

 

 

「捻って怪我をする」は階段やちょっとした段差で足を捻ってしまうなど、関節を捻ってしまう事で関節を支持している「靭帯」や「軟部組織」を損傷してしまう事を言います。

 

 

どこの関節にも起こる可能性がありますが、足首など足の関節や手首など手の関節に起こることが多いかもしれません。

 

 

また、交通事故などでケガをして首の痛みを発生してしまった場合を「むちうち」といいますが、むち打ちは「頸椎を捻った」といわれる怪我です。

 

 

では、捻ったことで起こる靭帯の怪我とはどのようなことなのか・・・

 

 

靭帯とは関節を構成する組織の一つで、骨と骨をつなぎとめるバンドのようなもので、関節の動きなどを安定させる働きがあります。

 

 

足の関節などを強く捻ってしまうと、そのバンドが引き伸ばされ(※1)、場合によっては部分的に切れてしまったり(※2)、ひどい場合は完全に切れてしまったり(※3)します。

 

※1  Ⅰ度損傷

※2  Ⅱ度損傷

※3  Ⅲ度損傷

 

 

一般的な不調としては

 

疼痛

腫脹(はれ)

熱感

血腫(内出血)

動作時痛(動かして痛い)

関節の不安定感

 

などが挙げられます。

 

 

靭帯の修復過程は

 

① 損傷部位に修復に働く細胞が侵入。断裂した部位を埋め、損傷した組織を除去します。

 

② その細胞が線維芽細胞という軟部組織を作る細胞に置き換わり、靭帯の線維の中に入り込み仮の靭帯となります。

  この細胞は結合組織の基になるコラーゲンを生成し新しい靭帯の基盤となります。

 

③ 新しいコラーゲン線維と古いコラーゲン線維が結合し、上記線維芽細胞が消失。

 

 

という過程で靭帯の修復が体内で行われます。 

 

 

回復までの靭帯修復過程は同じですが、損傷の度合いによっては回復までの「期間」は変わってきます。

 

 

もちろん損傷の度合いによるので、はっきりとした期間は言えませんが、4週~6週くらいはかかると考えても良いでしょう。

 

 

 

もし捻ってしてしまった場合はRICE処置をしっかり行ってください。

 

 

また捻ってしまったの損傷度合いによっては、「しっかりとした固定」が必要になります。

 

 

捻ってしてしまった・・・と軽く考えていると中々、回復してこないことがあります。

 

 

ちゃんと専門家に相談し、正しい処置を施すようにしましょう。

 

 

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院は八千代市ゆりのき台、大和田、大和田新田、萱田、萱田町をはじめ千葉市、船橋市、習志野市よりたくさんの方に来院して頂いております。

 

 

お身体の「痛み」「不調」「交通事故対応」「交通事故対応相談」などどの様な事でも構いません。

 

 

鍼、骨盤矯正、交通事故のむちうち、スポーツにおける不調、首の痛み、肩のこり、腰の痛みの施術の 八千代市・八千代中央駅・京成大和田駅・たかはし鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい。

 

 

東葉高速鉄道八千代中央駅徒歩10秒

鍼、骨盤矯正・スポーツにおける不調・交通事故対応

【たかはし鍼灸整骨院】

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-2澤田ビル1F

047-779-1717