TEL

交通事故に遭ってしまった事で受けられる補償 | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2019 2月の記事一覧

交通事故に遭ってしまった事で受けられる補償

2019.02.28 | Category: 交通事故に遭われた方への豆知識

もし交通事故に遭ってしまい被害者となり身体面、経済面で損害を被る場合があります。

その場合、自賠責保険や任意保険に対し「損害賠償請求」として損害賠償金を請求することが出来ます。

 

被害者が損害賠償として請求できるもの

交通事故の損害賠償は大きく分けて以下の4つとなります。

1、積極損害

2、消極損害

3、慰謝料

4、物的損害

積極損害、消極損害など難しい言葉が使われているのでわかりやすく解説していきたいと思います。

 

⑴ 積極損害とは

交通事故によるケガで病院や整骨院などの医療機関の検査・入院・通院費など交通事故が原因で発生した出費。

<主な費用>

検査費

施術費

リハビリ費用

手術費用

入院費・通院費

付添介護料

通院・通勤交通費

葬儀費用

マッサージ費用

義足・車いす購入費    など

 

 

⑵ 消極損害とは

被害者が交通事故に遭わなければ得ることが出来た利益の損害のことを言います。

例えば交通事故に遭ったことで仕事を休んで収入が減った・・・など

<主な費用>

1、休業損害

2、逸失利益

 

1、休業損害とは

上記させて頂いたように「交通事故に遭ったことで仕事を休んだ」「交通事故に遭ったことでケガをしてしまい入院・通院で仕事を休んだ」など交通事故被害者にならなければ得られたであろう利益の損害のことを言います。

 

この場合、自賠責保険における「休業損害の計算式」は基本的に以下の通りとなります。

5700円 × 休業日数 = 休業損害

※1 上記以上の収入が立証できる場合「19000円を限度」として補償される。

※2 19000円を超える場合相手(加害者)側の任意保険(損保会社)から保証してもらえる場合がある。

※3 主婦(主夫)として家族のために家事を行っている専業主婦(主夫)の方は給料はありませんが、休業補償として認められます。

4 弁護士さんを依頼した場合、弁護士基準で計算され上記より高額になる場合があります。

 

< お勤めの方(従業員・パートアルバイトの方)の場合 >

・・・計算方法・・・

休業補償 = 「1日あたりの給料」×「休業日数」

※ 「1日あたりの給料」とは事故前3ヶ月の給料の平均額です。(税金分は引かれない)

※ 休業損害証明書・源泉徴収票など必要書類があります。

 

< 自営業・個人事業主の方の場合 >

・・・計算方法・・・

休業補償 = ( 「前年度の給料」 ÷ 「365日」 ) × 休業日数

※ 確定申告書・納税証明書・課税証明書など必要書類があります。

※ 前年度の給料は   売り上げ - 経費・原価   を計算するかたちとなります。

 

< 会社経営者・役員の方の場合 >

会社経営者・役員の方は、働ける、働けないに関わらず役員報酬として受け取れるため、労働の対価としての収入がある場合に休業補償の対象になるが、役員報酬が労働の対価としての収入なのかを分けるのは困難と言われている。

休業補償を請求できる条件としては・・・

※ 労働の対価としての収入の証明役員報酬を受け取っていない事。

※ 交通事故前の売り上げより売上額が減少(相当な減少)している事。

 

実際に交通事故で相手(加害者)から休業補償を補償してもらうのは難しいのが現状・・・

 

< 内定が決まっている・働く予定がある方の場合 >

次に働く会社の雇用契約書などで休業補償が認められる場合がある。

 

 

2、逸失利益とは

交通事故に遭わなければ「本来もらえたであろう将来の収入」が減少してしまったことに対する損害のことを言うのですが???となるでしょう・・・

例えば、交通事故に遭ったことで腕や足を切断してしまった場合、後遺障害として認められ、労働能力の喪失が認められます。

交通事故に遭い、労働能力が喪失したことで「本来もらえたであろう将来の収入が減少した」ことに対する損害のことを言います。

ということでこの「逸失利益」は「後遺障害による逸失利益」「死亡事故による逸失利益」があり「基礎収入の算定」「労働能力喪失率の算定」「労働能力喪失期間の設定」「生活費控除率の設定」の4つの計算を行い算定されていきます。

 

⑶ 慰謝料とは

交通事故によって被った「精神的苦痛・肉体的苦痛」に対して支払われるものを言います。

<慰謝料の種類>

1、入院・通院慰謝料

2、後遺障害慰謝料

3、死亡慰謝料

 

1、入院・通院慰謝料について

入院・通院慰謝料の計算は以下の計算式を用いて算定されます。

・ 施術を受ける期間 ( 入院期間 + 通院期間 ) × 4200円

・ 実通院日数 ( 入院日数 + 通院日数 ) × 2 × 4200円

※上記計算方式で計算し少ない方で算定されます。

この計算方式は「自賠責保険の基準」による計算方式となります。

目安、基準として頂くと良いでしょう。

 

2、後遺障害慰謝料について

交通事故が原因で後遺に残る怪我を負った際に請求できることとなっており、みられる不調の種類や重さ(等級)によって決まっています。

この後遺障害慰謝料の等級は「第1級~第14級」に分類されており、第1級が後遺障害として最も高い等級で、第14級が最も低い等級となります。

尚、後遺障害慰謝料を請求する場合は、後遺障害等級の認定申請を行い、後遺に残る怪我という認定を受けたうえでの請求となります。

※ 等級により保証される金額は変わります。

 

 

後遺症慰謝料について詳しくお話します。

 

後遺症の慰謝料はどのようにして認定・補償されるか・・・

交通事故直後(受傷直後)から不調の固定まで病院への通院を継続している事。

交通事故当初発生した痛み・交通事故後から手に痺れが出ているなどの不調が連続かつ一貫している事。

不調が重篤であり常時性が認められること。

などがあげられます。

 

事故後2ヵ月後から別の不調を訴えたり、1ヵ月後に再度痛みがぶり返したなどの場合は不調が連続していないし一貫していないので認定されない事があります。

身体の「コリ」「違和感」「だるさ」などの不調は認められない場合があります。

必ずしも全ての補償が受けられるわけではありません。

以上のことを念頭に置き示談交渉をしましょう。

 

 

次に後遺に残る不調の慰謝料の認定までの流れをご説明させて頂きます。

不調の固定まで病院通院が必要と上記させて頂きました。

 

 

そこで必要になるもの・・・

 

「後遺症に対しての診断書」というものが必要になります。

 

この後遺症に対しての断書を整形外科などの医師に書いてもらい保険会社に提出し、保険会社はこの書類を損害保険料率算出機構へ送付、後遺症について調査が行われ結果が保険会社→被害者へと認定結果を通知され損害賠償金の受け取りという流れになります。

 

後遺障害の認定を受けるにあたり交通事故によるケガの受傷日から不調の固定日(整形外科などの医師のしん断)まで目安の期間があります。

 

それは6ヶ月です。

 

不調が無い・ケガが回復した場合は良いですが、不調が残っている場合でも保険会社より6ヶ月の経過観察をしないで不調の固定を促してくる場合があります。

不調が残っている場合は整形外科など医師の断・判断を仰ぎましょう。

 

 

「後遺障害の等級」について

 

後遺障害認定には第1級から第14級まで設定されています。

※ 1級(重い)⇔14級(軽い)

 

 

ここでは交通事故対応をする接骨院・整骨院に関係する確立の高い「第12級・第14級」に認定される条件について簡単にお話させて頂きます。

 

 

<第12級>

1号:1眼の眼球に著しい調節機能に不調又は運動に不調を残すもの

2号:1眼のまぶたに著しい運動に不調を残すもの

3号:7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

4号:1耳の耳殻の大部分を欠損したもの

5号:鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの

   ※裸体になったときに変形が分かるもの。レントゲンで確認できるだけでは認定

    されない。

6号:1上肢の3大関節中の1関節の機能に不調を残すもの。

   ※可動域が3/4以下に制限されたもの。

7号:1下肢の3大関節中1関節の機能に不調を残すもの。

   ※可動域が3/4以下に制限されたもの。

8号:長管骨に変形を残すもの

   ※外部から見て分かる程度のもの。上肢では上腕骨に変形を残すものまたは橈骨

    と尺骨の両方に変形を残すもの。

    下肢では大腿骨に変形を残すもの、または脛骨に変形を残すもの。

9号:1手のこの指を失ったもの。

   ※近位指節間関節(PIP)以上を失ったもの。

10号:1手の人差し指、中指又は薬指の用を廃したもの。

   ※用を廃すとは、末節骨の1/2以上を失ったものや指節間関節に著しい運動障害を

    残したもの。

11号:1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の

    足指以下の3の足指を失ったもの。

    ※中足指節関節以上を失ったもの。

12号:1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの。

   ※第1指では末節骨の長さの1/2以上、その他の4本の指では、遠位指節間関節以上

    を失ったもの、もしくは指節間関節に著しい運動に不調を残した場合など。

13号:局部に頑固な神経に不調を残すもの。

   ※画像その他により、原因が医学的に証明できるもの。

14号:顔貌に醜状を残すもの。

 

以上に該当する場合は、後遺障害認定の「第12級」の認定を受けられる場合があります。

 

 

<第14級>

1、一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの。

2、三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの。

3、一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解する事が出来ない程度になったもの。

4、上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの。

5、下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの。

6、一手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの。

7、一手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸する事が出来なくなったっもの。

8、一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの。

9、局部に神経に不調を残すもの。

 

以上に該当する場合は、後遺障害認定の「第14級」の認定を受けられる場合があります。

 

 

3、 死亡慰謝料について

交通事故で被害者が死亡した場合、被害者が死亡したことに対する精神的苦痛・被害者の親族が被った精神的苦痛を慰謝する補償ものです。

 

 

⑷ 物的損害とは

交通事故によって物が壊れてしまった場合の損害のことを言います。

・ 車の修理費

 ※ 交通事故により損壊した車両が修理可能な場合、修理費用に相当する金額を請求できる。

・経済的全損

 ※ 経済的全損とは交通事故で壊れた車の修理代が車の時価額(価値)を超える場合を言います。

   年式の古い車や走行距離の多い車の時価額(価値)は低いと考えられます。

   このような車が交通事故で壊れた場合の修理費用は高くなることが考えられます。

   この場合、法律上では加害者側は時価額を超えるような修理費用を負担する必要は無いという考えになることも・・・

・買い替え費用

 ※ 交通事故で壊れた車の修理が不能とのことで、新しい車に買い替える場合は「登録手数料・租税公課・廃車費用」などし車の買い替えにかかる費用を損害として請求することが可能となります。

・代車使用料

 ※ 交通事故により壊れた車の修理や買い替えまでに代車を利用した場合、代車の使用代金を請求することが出来ます。

  ( 代車費用は「修理にかかる相当期間」が認められます。 )

・積荷損害

 ※ 車本体のみでなく車内の物品(カーナビゲーションなど)や積んでいた物が壊れてしまった場合、物的損害として請求することが出来ます。

 

 

交通事故に遭ってしまった場合に受けられる補償について簡単にお話させて頂きました。

 

 

交通事故で加害者になってしまった場合は保険会社に連絡をとり、被害者との対応を保険会社の担当者が行うことが多いと思います。

 

ですが、交通事故に遭って被害者になってしまった場合、保険会社の担当者と直接やり取りをすることとなります。

 

そんな時、このような保障を受けられることを知っておくと保険会社とのお話し合いを円滑に進めることが出来るのではないでしょうか・・・

 

交通事故保険の種類(自賠責保険・任意保険について)

2019.02.28 | Category: 交通事故に遭われた方への豆知識

交通事故に遭ってしまった場合には以下の保険から各補償を受けることが出来ます。
 1、 自賠責保険

2、 任意保険

 

1、 自賠責保険について

自賠責保険とは何か・・・

自動車免許をお持ちの方・自動車を所有している方は「自賠責保険」という保険を耳にしたことがあると思います。

この自賠責保険は自動車購入時や車検時に加入する保険で、「強制保険」ともいわれています。

この自賠責保険、自動車を所有するに当たり強制的に加入しなければいけないものなので、もし自賠責保険に加入していない場合は自動車のナンバーが発行されない事になります。

 

では、自賠責保険は、なぜ強制保険なのか・・・

それは、交通事故が起きてしまい怪我をさせてしまった場合・交通事故を起こしてし怪我をさせてしまった場合の「被害者を救済するための保険」だからです。

 

もし交通事故に遭い、むち打ちなどのケガをしてしまったなどの被害にあった場合に、最低限の損害賠償補償を受けることが出来ますが、加害運転者自身のケガなどは対象になりません。

 

この自賠責保険、自動車検査登録制度のある自動車や250cc以上のオートバイを所有する場合、購入時・継続検査の際に新しく交付される車検証の有効期限を満たす自動車損害賠償保険証明書を提示しなければ車検証の有効期限を更新が出来ないことになっています。

 

上記しましたが車検証を発行されていない自動車は、自動車ナンバーは発行されないこととなります。

 

また250cc以下のオートバイはコンビニエンスストア・郵便局で契約することができ、契約期間を1年から5年までの期間を選んで契約することが出来ます。

(※契約期間が長いほど1年あたりの単価は安くなります)

 

 

もし、自賠責保険に加入しないまま、自動車や原動機付自転車を運転した場合は無保険運行となり、運転免許証の取り消しや停止などの行政処分を受けることとなります。

(1年以下の懲役または50慢円以下の罰金 ・ 違反点数6点減点)

 

このように自賠責保険は、相手の方にむち打ちなどのケガを負わせてしまった場合の補償制度(被害者を救済するもの)であることはもちろん、未加入の場合は自分自身にも罰則が科せられます。

 

<補償内容について>

自賠責保険の補償は

 施術費・・・むち打ちなどのケガに対しての施術で、実際にかかった必要妥当な範囲

 交通費・・・バス・電車など公共交通機関を利用した場合の実費

       自家用車等を利用した場合は1キロ当たり15円で換算

 休業損害・・・交通事故のケガによって入院したしまった入院期間

        通院による欠勤・遅刻・早退

        ケガにより仕事が出来なかった期間

        交通事故の影響でボーナスが減った場合

      ※ 有給休暇を消化した場合にも休業補償は請求可能

 慰謝料・・・傷害慰謝料・入院慰謝料(むち打ちなど怪我をしてしまった場合)

       死亡慰謝料(交通事故により死亡してしまった場合)

       後遺慰謝料(後遺的なケガが残ってしまった場合)

 

このような状況に当てはまる場合は自賠責保険に請求することが出来ます。

物損事故は自賠責保険に請求するのではなく任意保険に請求することになります。

ここで出てきた任意保険については後日お話させて頂きたいと思います。

このように自賠責保険は被害者を救済するための保険です。

 

 

2、 任意保険

任意保険とは何か・・・

任意保険とは文字の通り任意で加入する保険です。

この任意保険は、強制保険といわれる、国土交通省管轄の自賠責保険と違い、民間の保険会社が行っています。

 

「自賠責保険」は交通事故に遭われ「むち打ちなどのケガをしてしまった」など「人身事故」に対してのみの補償で、上限額は定められています。

任意保険は自賠責保険でカバーできない部分を補う保険となります。

 

<任意保険が対象となるもの>

自賠責保険で決められた上限額を超えた分

むち打ちなどのけが人がいない「物損事故」(車の修理費など・・・)

 

交通事故の加害者側になってしまった場合は、任意保険会社に連絡を入れることで、任意保険会社の担当者が被害者側との窓口となり、交通事故後の対応をしてもらえるため、加害者となってしまった場合は有難いかもしれませんが、もし交通事故に遭い「むち打ちなどのケガをしてしまった」などの「被害者」となってしまった場合、任意保険会社の担当者とのやりとりをしないといけなくなるため、この違いを理解しているだけでも対応しやすくなるのではないかと思います。

 

ただ、この「任意保険」は、あくまで「任意加入」なので自動車を運転している人の中には加入していないという場合もあるかもしれません。

もし加害者側が任意保険未加入の場合は、自賠責保険のみでの対応となり、自賠責保険で補えなかった補償は加害者側に請求することとなります。

 

交通事故に遭ってしまった場合現場で行うことは?

2019.02.28 | Category: 交通事故に遭われた方への豆知識

 

交通事故には誰もが遭遇したくないと思います。

誰も交通事故を故意に起こそうとしてない・・・

交通事故はルールを守って周りに気を使い自分自身が気を付けていても起きてしまう事があります。

 


もし交通事故の当事者になってしまった場合あなたはどちらに該当しますか?

交通事故を起こしてしまった人 → 加害者

交通事故で被害を受けた人   → 被害者

<例>

赤信号停車中後方より来た車に追突された場合

停車していた車 → 被害者

追突した車   → 加害者


 

もし、交通事故に遭ってしまったら・・・・

交通事故に遭ってしまった・交通事故を起こしたしまった事で動揺し、パニック状態になると思います。

冷静でいられる人の方が少ないと思います。

そのような時ほど深呼吸をし、気を落ち着かせてください。

そして、やるべきことを冷静に判断しましょう。

 

<現場で必ずやるべき事

1、ケガをしている方がいるか確認してください。

 もしけが人がいる場合(下記2)を行うのと同時に救急要請をしましょう。→119番へ電話する。

2、身の安全確保。

 道路状況などを確認し、安全な場所を確保してください。

3、警察へ事故を報告。

 110番へ電話する。

4、警察官・救急隊の指示に従う。

※ けが人がいる場合は119番に電話し状態を報告。処置等の指示を仰いでください。

※ 周りに人がいたら協力してもらう事。

交通事故に遭った事で動揺してしまいますがやる事は「人命救助・警察、救急に電話する」と限られています。

交通事故に遭ってしまった時ほど冷静に行動しましょう。

 

その他のやること

1、 相手の連絡先の確認・保険会社に連絡。

※相手の連絡先は以下の事項を確認しておくと良いでしょう。

名前

住所

電話番号

運転免許証

車検証

名刺

相手が加入している保険会社    など

 

また、可能な限り「交通事故の目撃者の確保」・「事故直後の現場状況を記録に残す」と良いでしょう。

ドライブレコーダーが装備されている車であれば、早めにデータ確認をしましょう。

 

次に、車の所有者の多くは任意保険に加入していると思います。

交通事故に遭った場合、物損事故・人身事故ともに加入する自動車保険で自動車の修理や交通事故対応の施術費などをまかなうことが可能となります。

仮に交通事故の被害者になってしまった場合、加害者が加入する自動車保険会社に被害者側から連絡をしても良いことになっているため、もし、加害者側が加入する自動車保険会社へ報告していない場合は加害者の加入する自動車保険会社に連絡をすると良いかもしれません。

 

2、 病院・整骨院受診

ケガをしてしまった場合の(病院検査・施術)についてお話させて頂きます。 

 

怪我をしてしまった場合は必ず整形外科など病院で検査をしましょう。

整形外科や病院で医師に検査をしてもらい、検査をした紙を書いてもらいましょう。

(検査をした紙は警察・各損保会社に提出する事になります。)

整形外科や病院での検査時、痛みや違和感、シビレなどちょっとしたことでも不調がある場合は「必ず全ての不調」を伝えて下さい。

交通事故直後は興奮状態で痛みや不調を感じない場合がありますが、交通事故後数日経ってから不調が現れる事があります。

その場合も、必ず不調を伝えて検査をしてもらって下さい。

不調をしっかり伝えていない事で交通事故で受傷したケガと判断されず費用の補償を受けられない事があります。

※注 数ヵ月後「ここが痛い・・・」と訴えても交通事故のケガとして施術を受けられない事があります。

 

 

最近、整形外科などので「接骨院・整骨院との交通事故対応の併用は認めません」という掲示をしている病院がありますが、そのような事はありません。

病院・整形外科と接骨院・整骨院との併用、2院通院は法的にも認められています。

ケガを良くする為に通うのが病院や整形外科、接骨院や整骨院です。

どこに通うかは交通事故に遭われケガをされた方自身が決められます。

また、転院をする事も可能です。

自分にあった病院や整骨院を探し、ケガが良くなるまで必ず通院し回復させましょう。

 

 

交通事故に遭遇した場合、けが人の有無を確認し、安全な場所に退避する事が一番大切です。

交通事故現場では、被害者・加害者に関係なく、協力し合い、必ず警察・救急に連絡しましょう。