TEL

シンスプリント | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

シンスプリント

シンスプリントとは・・・
シンスプリントは別名「脛骨過労性骨膜炎」といい、脛骨といわれる下腿部に存在する骨の膜に炎症が起きてしまい痛みを発してしまうものです。
主に、マラソン選手や陸上競技のランナー、その他ジャンプ競技などの選手に起こりやすく、初期は運動時のみ「スネの辺りの不快感やうずくような軽く鈍い痛み」を筋肉と骨の際の部分に感じますが、症状が進んでいくと不快感や痛みがひどくなり日常生活の動作でも痛みが出現するようになってしまいます。さらにひどくなると「疲労骨折」に至ってしまう事も・・・

写真部位の痛みを確認しましょう。

下腿部に不快感やうずくような鈍い痛みが発生している、また、圧痛を確認できる(「シンスプリント」が疑われる)ようでであれば当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。

なぜシンスプリントが起きてしまうのか・・・
シンスプリントは「土踏まず(アーチ)崩れ」「足の着地が外側で接地する」「蹴る力が強い」などの動作でシンスプリントに関係する筋肉に負担がかかり脛骨といわれるスネの部分の骨の膜に炎症が起きてしまいます。

シンスプリントはオーバーユースが原因といわれているため症状がひどい場合は安静にするのが良いかもしれません。
また練習量やランニングフォームの見直しをすると良いでしょう。
シンスプリントの予防・改善には、ふくらはぎ・大腿部・股関節周りのストレッチ、土踏まず(アーチ)の機能を高めるためのトレーニングを行うと効果的です。

シンスプリントの予防・改善のためのセルフケア

ストレッチ

・ふくらはぎのストレッチ

腓腹筋のストレッチ(アキレス腱を伸ばすストレッチ)

ヒラメ筋のストレッチ

  
※立って行う場合は、後ろ側の足のストレッチになります。
 軽く膝を曲げ重心を下にかけていくようにしましょう。

※座って行う場合は、前側の足のストレッチになります。
 片膝をついた立膝の姿勢をとり、前に来た足のつま先をあげるようにしましょう。

大腿部のストレッチ

大腿四頭筋のストレッチ

 

 

※立って行う場合、座って行う場合ともに前屈をし、太ももの裏を伸ばすようにしましょう。
 また、座って行う場合は片足ずつ行う事も出来ます。

膝を伸ばした側の足の太ももの裏を伸ばすようにしましょう。

股関節周辺のストレッチ

腸腰筋のストレッチ

  
※片膝ををついた立膝の姿勢をとり後ろ足と同側の腕を上げていき、赤丸の部分が伸ばされるよう軽く状態を反らしましょう。

  
※次に、前足側の手を頭に持っていき、上にあげていた手で反対側の膝押さえ、体を捻っていきましょう、

※お尻周り(殿筋群)のストレッチ

地面に座って行う場合

  

椅子に座って行う場合

  

※地面に座って行う場合、椅子に座って行う場合ともに、片足を反対側の足に乗せるように足を組んだ姿勢で体を前屈させていき、足を組んだ側のお尻(臀部)の筋肉を伸ばしていきます。

アーチトレーニング

タオルギャザー

①椅子に座り床にタオルを広げタオルの上に足を乗せる

③足の指でタオル手繰り寄せるように握る

ブログでも色々紹介しています。

ブログページはこちらから