TEL

テニス肘について | 八千代市・八千代中央駅 たかはし鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

テニス肘について

テニス肘とは・・・

テニス肘は「肘の内側に痛み」を発してしまう場合と、「肘の外側に痛み」を発してしまう場合があります。
手首や指を動かす筋肉の始まりは肘周辺の骨に付着しています。
ラケットでボールを打つ瞬間の衝撃が繰り返し加わることで肘周辺の筋肉の付着部に微小断裂を起こし痛みを発してしまいます。(オーバーユース)

・テニス肘(内側)の痛みがある方はこちら
・テニス肘(外側)の痛みがある方はこちら

テニス肘(内側)の痛みについて

利き腕(ラケットを持つ手)の内側を押してみて圧痛があれば「テニス肘」の疑いがあります。(肘の内側の痛みは「フォアハンドテニス肘」といわれています。)
この部分は「前腕屈筋群」といわれる「指を曲げる・手首を曲げる」時に働く筋肉が骨に付着している部分です。(上腕骨内側上顆)
ラケットでボールを打つ動作が繰り返されることで筋肉や腱に微細な断裂を生じ肘の内側に圧痛がみられます。(上腕骨内側上顆炎)
このチェック法で痛みが出た場合(テニス肘が疑われる場合)は当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。

テニス肘(外側)の痛みについて

利き腕(ラケットを持つ手)の外側を押してみて圧痛があれば「テニス肘」の疑いがあります。(肘の外側の痛みは「バックハンドテニス肘」といわれています。)
この部分は「前腕伸筋群」といわれる「指を伸ばす・手首を反らす」時に働く筋肉が骨に付着している部分です。(上腕骨外側上顆)
ラケットでボールを打つ動作が繰り返されることで筋肉や腱に微細な断裂を生じ肘の外側に圧痛がみられます。(上腕骨外側上顆炎)
このチェック法で痛みが出た場合(テニス肘が疑われる場合)は当院(八千代市 八千代中央駅前 「たかはし鍼灸整骨院」)までご相談ください。